2017年12月01日

立ち喰いそば・うどん ふうちゃん〔鳩ヶ谷〕




首都高川口線安行ランプから県道/都道におり、上り車線に入ってすぐ道沿い「立ち食いそばうどん ふうちゃん」山菜そば290円をずずずっっっ。

車だとわかりやすい場所ですが、公共交通機関だと埼玉高速鉄道の鳩ヶ谷駅か、舎人ライナーの終点見沼代親水公園駅から2km以上、歩くと30分近くかかるでしょうか。土日祝はお休み、平日もお昼すぎには閉まってしまいます。幹線道路沿いとはいえ、店舗がぽつぽつあるようなエリアではなく、住宅が点在しているのんびりした場所に、突然立ち食いそば・うどんの看板が見えるのが目印です。とはいえ、お店と言うよりは住宅を改造したような作りで、駐車場はお店を過ぎたところにあります。

お昼すぎにお店に入ると、お店はかなり広く感じます。屋根が高いからかしら。立ち食いといっても実際には立食スペースはなく、テーブルが3卓ほど。トラックの運転手さんと思われる先客はゆっくりうどんを啜っています。厨房も広く、おかみさん(ふうちゃん、かな?)が調理ぶりが見えます。

しかしバットに待機していたであろう天ぷらは既に完売御礼。ありゃ残念。カレーも売り切れらしい。かけ250円だけじゃさびしいし、それではあまり選ばない山菜そばなんてトライしてみましょう。お値段290円、かけに+40円というのはなかなかお安いんじゃないでしょうか。

いっぱいづつていねいに作られています。先客の調理が終わってから私の調理に取り掛かられていました。袋から蕎麦を取り出し、加熱する様子が見えます。もうしばらく待って丼を受け取り、いただきます。

お、なかなかいいじゃないですか。汁は醤油の味わいをまず感じるものの、キレがありつつ出汁の風味をしっかり感じます。最近は汁も仕入れだったり既成品を使っている路麺店も少なくないですが、こちらは女将さんがきちんと汁を作られているようです。麺はエッジがありむにっとした食感。これも路麺的には悪くないけれど、むしろ汁を味わうための脇役、かもしれません。山菜は40円分とは思えないたっぷりの量。天ぷら系よりもはるかにヘルシーです、はい。

おもわず汁まで飲みほしてしまいました。ああ、これなら天ぷら系も美味しいだろうな。夏場は冷しメニューもいろいろあるようなので、また訪れたいのですが、なかなかにハードルが高く。。ごちそうさまでした。



関連ランキング:立ち食いそば | 鳩ケ谷駅見沼代親水公園駅


posted by kennny at 00:00
"立ち喰いそば・うどん ふうちゃん〔鳩ヶ谷〕"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。