2017年11月01日

地下鉄後楽園 そばコーナー




丸ノ内線後楽園駅、改札出て道路の向かい側「地下鉄後楽園 そばコーナー」野菜かき揚げそばをずずずっっっっ。

改札から見えるものの、目の前の道路は横断できず、少し回らないといけません。朝の時間帯ゆえ少し混んでいるかと思いきや、先客後客0、もしかして通勤需要ではないお店なのかしら。けっこう古そうなお店で、簡易椅子が数脚ありますが、場所によって机の高さが微妙に違うのは後で作り足したのかもしれません。

野菜かき揚げそば390円をポチッと、この手のお店としては広めに取られている厨房のおじさんに差し出すと「サービスね」と100円バック。えーと、これ日替わりサービス?それともタイムサービス?よくわからないけれどまあいいや。というのも、聞き返す間もなくほかのおじさんが「どうぞ」と丼を差し出したから。うむむ、このスピート感は、品川の吉利庵とも争える都内最速クラスかも。

さて、着席していただきます。うむ、もともとこの机は立席用だったのか、座って食べるのには少々高さのバランスが悪いけれど、わざわざ席をかえるのも面倒です。蕎麦は湯通しされたもので、路麺としては標準的な味わいです。一方、やはり揚げおきのかき揚げは、小麦粉分多めで程よく汁を吸いあげます。汁は予想よりもライト、これは後楽園という場所柄各地出身の方がいらっしゃる可能性があるから、なんて想像したりして。。

東京メトログループのメトロ開発株式会社の運営(ちなみに地下鉄そばは株式会社メトロフードサービスの運営なので、同じグループとは言え経営が異なります)。驚くような味ではないけれど、なくなると寂しいお店。後楽園という場所がリニューアルしつつもどこか昭和感を残すのと、このお店が残っていることとは無関係ではないような気がします。もともと後楽園は競輪場があった場所ですし、あ、今でもJRAがありますよね。でもそこに結びつけるのは少々強引かしら。ごちそうさまでした。



関連ランキング:立ち食いそば | 後楽園駅春日駅水道橋駅



posted by kennny at 00:00
"地下鉄後楽園 そばコーナー"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。