2015年09月01日

相州そば 本店


横浜市庁舎前、尾上町一丁目交差点を入って2つめの角「相州そば 本店・工場」かき揚げ天そば390円をずずずずっっっっ。


このあたりは明治時代いわゆる関内居留地に隣接していて、当時から貿易などの事務所が多いエリア。ビジネス街ですが大きなビルは少なく、いろいろな飲食店が点在しています。こちらのお店の斜向かいにゆで太郎もあるけれど、アイドルタイムにこちらのお店にもそれなりにお客さんが入っているのはやはり土地柄でしょうか。

直接厨房へ口頭注文。かき揚げ天そばは1分とかからずスピーディに提供。ややもっちりとした色黒の麺は長く、やはり透明度皆無の汁をよく吸い上げます。汁は醤油強め、甘さや出汁もあるものの、少々えぐみ強め。かき揚げ天も小麦粉分多めのフガフガタイプ、全体に昔ながらのザ・立ち食いそばの味。そういう意味では、少々年季を感じる店内の作りもスペースも、昭和50年代そのままの雰囲気のような気がします。下膳口は特になく、適当に厨房あたりに「ごちそうさま~」と返せばよいらしい。

経営はなかや商事、本社は三ツ境。相州そばおよび上位ブランドのいしうす相州、また一般店として横浜なかやを主に相模鉄道沿線に数店舗展開しています。こちらが相州そばの本店にして工場というので、あらためて階上に製麺工場でもあるのかと思ってビルの裏手も見てみましたが、どうもそのような気配はありません。うーんそもそもここが工場という情報の出処はどこなんだろう。。謎は深まります。ごちそうさまでした。

相州そば本店・工場

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:立ち食いそば | 関内駅日本大通り駅馬車道駅


posted by kennny at 00:00
"相州そば 本店"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。