2018年05月01日

うどん蕎麦 まるふじ〔多磨霊園〕




京王線多磨霊園駅、商店街を南に1分ほど右側「うどん蕎麦 まるふじ」かき揚げそば450円をずずずずっっっっ。

多磨霊園駅といっても多磨霊園からは少し離れていて、小さな駅前広場はあるもののこじんまりとた商店街がある他は住宅地が並ぶ落ち着いたエリア。その多磨霊園駅近くに、今年(2018年)に入って路麺店がオープンしたとの情報、お邪魔してみました。

まだ新しい紺色の短い暖簾に「蕎麦 ○藤」と書かれています。入ってすぐ左側に券売機があり、かけ320円から。個人経営の路麺店としては標準的な価格設定でしょうか。まずはかき揚げそば450円をポチッと。限定メニューやトッピング類は現金で追加もOKのようです。右側が厨房とカウンター6席、反対の壁側は立食スペースがありますが、基本着席して食事のようです。時間帯ゆえか椅子はほぼ満席、1つだけあいていた席に滑り込みました。

店員さんはご主人でしょうか、まだ若そうに見える男性1人と、アルバイトかお嬢さんか2人という体制。男性がテキパキ指示を出しながら調理が進みます。調理ロット数は少なく抑えらえられているようで、まずは先客分の調理から。お、蕎麦は生麺を都度茹で、そして天ぷらも注文都度揚げられているようですね。

私の丼が到着、いただきます。顔を近づけると、カツオ系の出汁の風味がさっと立ち上ります。麺は細めでやや縮れがあり、フガフガ柔めの麺とではなくグミ状の抵抗感のコシがあります。都区内の路麺店ではこの手の麺の記憶がない気が。汁は醤油色にして濁りがなく、ほどよい甘さがあってすいすいいただけます。かき揚げはネギ、玉ねぎ、人参を薄めしっかりめのコロモでまとめ、ザクッとした玉ねぎの食感と甘み、そして青ネギの風味がアクセントになっています。コロモの粘度が高いからか、汁にひたしてもズブズブに崩れていくこともなく、汁との馴染みもいい具合です。こういうタイプの天ぷら、結構好き。。

セルフで奥の下膳スペースに食器を運びます。いわゆる町蕎麦店と立ち食い店の中間的な位置づけと言えそうですが、こういう業態、少しづつ増えているようで、路麺店といっても新しく清潔感もあるので、普通のお蕎麦屋さんの感覚で入ってくる人がほとんどのようです。週末だからか、ご夫婦で来店されて天丼と蕎麦をシェアされてたり、常連さん率も高いよう。夜はおつまみやアルコールメニューもあるようなので、ちょっと一杯ひっかけて蕎麦、という使い方もできそう。レディースデーがあったり、GW感謝祭や6月の雨の日サービスといった企画もあったり、と商売上もいろいろ工夫されているようです。また近くに来たら立ち寄りましょう。ごちそうさまでした。



関連ランキング:立ち食いそば | 多磨霊園駅白糸台駅東府中駅




この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。