2018年05月01日

鈴家〔市川〕




市川駅南口、広場に降りずデッキを左へ、I-rinkタウンいちかわ ザタワーズイースト「鈴家」かけ270円にげそ天200円をトッピングしてずずずっっっっ。

市川駅周辺には数軒路麺店がありますが、私はずっと「鈴家」派。いや、正確には鈴家の「げそ天」派という方が正しいかもしれません。駅南口の再開発に伴いビルの2階という路麺店らしからぬところに収まってしまいましたが、ビル入口の反対側というあまり便利ではない場所にもかかわらずいつもお客さんがいるあたりに人気の程が伺えます。

ガラス張りで閉塞感のない店内は、厨房に沿った長L字のカウンタ席のみ。2箇所の入口脇に券売機がありますが、かけを買ってカウンターに待機している天ぷらをチェックしながら追加注文するお客さんも多いようです。券売機も、一段目はベースになるかけそば/うどん、冷しそば/うどん、大盛りがあり、それ以後たぬき、きつね、とろろこんぶ、月見とトッピング類の食券を追加するような仕様になっています。いつもあみ天が気になりつつ、結局げそ天をポチッとしてしまうのです。

そう待たずに丼到着、いただきます。ここのそばの特徴の一つは、都内城東地区に多い暗黒タイプの汁と真逆の、色薄めの透明感のある汁。醤油が控えられている分やや人工的な味が無いわけではないけれど、ベースは昆布や節類をたっぷり使っているのでしょう、優しい旨味にあふれていてぐいぐい飲めてしまいます。この汁、やわいそばとの相性もいいんだけれど、うどんが合いそうだなぁ。

そしてげそ天。最近げそが高騰してついに200円という(このお店としては)高額商品になってしまったけれど、豪快という形容詞がふさわしいボリュームを見れば価値が分かる人なら納得するでしょう。ゴロゴロにカットされたムラサキイカ(剣先イカ)のゲソをたっぷり(某ムック本によれば4/5ハイ分!)使っているとのこと、味と食感がそんじょそこらの(スルメの)ゲソとは全く違います。ぐにゅーとした吸盤のついた足を噛みしめるとイカ独特の甘味がこれでもかと染み出してきます。ああ、この甘さを楽しむためには、暗黒醤油系の汁ではダメなんだな、と腑に落ちますが、量が多いのでなかなかなくなりません。

たっぷり添えられたみじん切りのネギが油分を中和、というあたりも計算されているのでしょう。ゴローさん風に言えば、「オレはいまゲソと格闘している。みじんのネギがいい仕事をし、そしてだんだん脳内が幸せオーラが満たされてくる。」というところでしょうか。ちなみにこちらのお店、朝7時半から夜24時までの営業、飲んだ後にするするとそばを啜るという使い方もできそうです。まあ、私がそれやると家に帰れなくなると思いますが。。ごちそうさまでした。


posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 千葉県 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。