2017年11月01日

東武ラーメン〔春日部〕




東武野田線春日部駅ホーム「東武ラーメン」ラーメン490円をずずずっっっっ。

駅ナカの立ち食いラーメン店って、ありそうでなかなか聞かないですよね。東武沿線ではあと西新井駅ホームの「西新井ラーメン」くらいじゃないかしら。春日部のお店は、以前たしか蕎麦やうどんも提供していたように覚えているけれど、ちがったかな。。でも、今でも券売機に「コロッケラーメン」「天ぷらラーメン」なんてボタンがあるのは、きっとその名残、だと思うのです。

今回はそこまでがっつりと食べる気ではなかったので、シンプルにラーメン490円をポチッと。食券をだすと番号札と交換というちょっと謎なシステム。おばちゃんは麺を湯に投入、タイマーできっちり時間を測って、盛り付けも手際よく、はいお待ちどおさま。そうそう駅ソバならぬ駅ラーメン、手早くなきゃね。

双喜の丼が(いい意味で)キッチュ。軽く縮れた細麺が透明度のあるブラウンの汁に沈みます。醤油スッキリほどよいコクがあるスープは、現代的なシャープとか濃厚とかいうスタイルとは正反対、なんともホッとする味、と思うのは関東出身者だからかもしれません。具材はチャーシュー、メンマ、ワカメ、ネギ、そしてナルト。ナルトがはいるところからも、このラーメンはそういう路線を狙っているんだろうなと想像できます。だから驚くような味じゃないけれど、意外と言ってはナンだけれどこれはこれでありだなぁ。

最近の駅ナカ麺店は、ニオイの問題からかきっちり壁の中で営業するスタイルのお店が多く、完全オープンスタイルなお店はずいぶん少なくなりました。でも、やっぱりこういうお店はいいなぁ。野田線も最近は急行電車なんて走っているし、隣の伊勢崎線にはスペーシアやりょうもうなどの特急から、今では東急からの乗り入れ車両まで、行き交う様々な電車を見ながらラーメンをすすれば、旅行気分でなんとなくテンションが上ります(よね?)。ごちそうさまでした。



関連ランキング:ラーメン | 春日部駅八木崎駅




posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 埼玉県東部 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。