2017年12月01日

けごん 松原東口店〔獨協大学前〕




東武伊勢崎線松原団地駅あらため獨協大学前駅の東口ロータリー左側「けごん 松原東口店」季節の野菜かき揚げそば420円をずずずっっっっ。

それにしてもスカイツリーラインという通称といい獨協大学前駅というネーミングといい、正直ちょっとピンときません。やっぱり東武伊勢崎線の松原団地駅といったほうがしっくりくるなぁ、せっかく日光街道沿いの名勝地「草加松原」に由来するのですから。。

それはともかく、駅前ロータリーに面した東武松原ビルの一番線路側で営業しているこちらのお店は健在。たしか、昔は大学のある西口にあったはずですが、すでにこの場所に移って数十年は経つでしょうか。入口上の白い看板には「そば うどん カレー どんぶり」と軽食全般を扱うお店であることを堂々と書いています。入口脇にはお持ち帰りコーナもあり、ならんでいる料理サンプルが綺麗な状態なので、こういうところにもきちんと経営の目がいっているんだなぁと久しぶりの実食前にちょっと期待値があがります。そういえば看板も最近新しくしたとも聞いたっけ、以前は赤い看板だったような。

メニューはこの手のお店としては豊富なほう。天ぷらの盛り合わせと思われるけごんや、岩のりなんて珍しいメニューもあります。店内は奥が曲がった細長いカウンター席で、着席して食券をカウンターに置いて「蕎麦で!」と声をかけます。店員さんはおそろいの緑の頭巾をかぶっていて、これもユニフォームなのでしょうね。カウンター越しに調理の様子が見えますが、生そばを茹で始めていねいに湯切り、けっこうていねいに作られているのがわかります。壁には石臼挽き常陸秋そばのポスター。

ではいただきます。器が白い陶器、というのはわりとめずらしいかも。汁はやや甘めで醤油がしっかりきいているタイプ、色はしっかりしているものの濁りはなく透明感があります。麺は少し扁平で黒いホシが多数、むにゅっとした食感の独特なもの。しっかりコクのある汁と相性がよく、すすると汁を吸い上げます。かき揚げは、玉ねぎと人参、青いのは春菊でしょうか。時々歯にあたるざくりとした食感はレンコンでしょう、これがいい歯ざわりを生み出しています、いいねいいね。添えられているワカメとたっぷりのネギもいい仕事しています。添えられているカマボコのピンク色がビジュアル的アクセント。

店内はやや時間経過を感じる部分もありますが、掃除などの手入れもきちんとされています。だからかな、女性客の姿もちらほら。けごんという店名の路麺店は、以前は越谷、せんげん台、春日部、上板橋、東武練馬、若葉、東松山と東武伊勢崎線や東上線沿線に何軒かあったはずで、東武沿線に展開していたということを考えると店名のけごんは日光の「華厳の滝」に由来するであろうことは容易に想像できます。こちらのお店は系列会社の東武食品サービスの経営ですが、ぜひまだまだお店が続いてほしいなぁと願うばかり。看板も新調したことですしね。ごちそうさまでした。



関連ランキング:そば・うどん・麺類(その他) | 獨協大学前駅




posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 千代田区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。