2018年04月01日

石臼挽き蕎麦とよじ〔京急蒲田〕




京急蒲田駅の駅前広場左側「石臼挽き蕎麦 とよじ」かき揚げそば410円をずずずっっっっ。


たしかもともと「そば新」があった場所。いつのまにかなくなったと思ったら、新しいお店がオープンしていました。「石臼挽き蕎麦」の看板や、どことなく味のある「とよじ」の文字、深草色の暖簾などちょっと見ただけでは路麺店または立ち食い店とは思えませんが、暖簾をくぐり扉を開けると券売機があり、全席着席ながら路麺スタイルで営業をされています。新しいお店だからということもあり、店内は綺麗で、造花も飾られています。BGMはFMでしょうか。

かけ、もりが300円というなかなかリーズナブルな設定ですが、ここは迷わずかき揚げそば410円をポチッと。しかし、ポチッとしてから海鮮かき揚げそば460円を発見、あーこれにすればよかったかな、とちょっと後悔(苦笑)。入口脇に製粉室、そして厨房の奥には小型の押し出し式製麺機があります。ほう、嵯峨谷のような麺を提供されるのかな、と思いましましたが、女性店員さんが小さな麺玉を捏ねています。ほう、この工程は意外と大事、私の個人的な経験ですが、新宿御苑前の新宿十割そばも製麺機に掛ける前にちゃんと玉を整えていて、結果いい蕎麦を提供されていましたのを思い出しました。丼を温めてから汁を張るという基本動作もぬかりありません。

ではいただきます。色黒の汁ですが、ふわりと出汁の風味が鼻を刺激します。先に汁をすすってみると、見た目ほどの醤油辛さは感じず、バランスのいい汁です。蕎麦はやや扁平ながら嵯峨谷あたりで感じる表面のざらつきはほぼなく、心地よい刺激をのこしてするりと口から喉へ流れ込んでいきます。かき揚げは揚げおきかしら、丼の表面積のかなりを占めるビッグサイズで、玉ねぎと人参が薄めの衣をまとい熱で甘さを引き出されています。その上にちょこんと載せられてているネギもいいアクセント。

女性店員さん2人の対応も居心地のいいもの。最近は製麺機も小型化し質が上がって、押し出し製麺機式を導入するお店も多くなりましたが、10割そばは同じレベルの機械を使っているはずなのに蕎麦の出来がお店によってずいぶん違ったりします。こちらのお店は、いい方向にはずれているようです。次こそは海鮮かき揚げをいただきたいな、あ、でも蕎麦は冷たいのにしようかしら。ごちそうさまでした。



関連ランキング:そば(蕎麦) | 京急蒲田駅蒲田駅梅屋敷駅




posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 品川区・大田区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。