2017年10月01日

めん処 つるや〔上野〕




上野駅不忍口、道を渡って正面ガード下「めん処 つるや」天ぷらそば400円をずずずずっっっ。

上野駅からアメ横に向かうとすぐに目に入るのがこちらのお店。店頭には料理サンプルがあり、入口脇には「手作り天ぷら」の行灯の上に蕎麦が上下動するオブジェがあります。ある意味、外人さんにはすごいウケが良さそうな気がします。

入口脇の券売機で、一番人気という天ぷらそばをポチッと。提供時間からすると、生麺茹で置きの再加熱、天ぷらは揚げおき再加熱、かな、スピーディです。ではいただきましょう。

お、(駅前特等地という立地であまり期待してなかったのですが)失礼ながら意外といいじゃないですか。やや細めの麺はほどよく弾力を残し、いい具合にするすると。汁の暗黒度はそれほどではなく、出汁感は最初のふわりとした香り以外はあまり前に出てこないものの、醤油はほどよく後ろにまわりつつ時に主張し、甘さや酸味のバランスがいい。そばとの相性もいい具合です。そういえばきしめんメニューもあったので、汁はおそらく共用なのでしょう。天ぷら=かき揚げはかなりジャンボサイズ。ですが重さはなく、ほどよくサクサク感を残し、やがて崩れて汁にコクを加えていきます。

直流高電圧を油槽に流すという特許だったかのフライヤー「カラット君」が店内で紹介されていて、これも外人さんウケしそうです。おそばを提供してくれた店員さんも推定東欧系な方、店内では推定中国人カップルが自撮りしてたり、とある意味国際都市上野らしい路麺店と言えるでしょう。きわだった個性は無いけれど、だからこそ大衆王道といえる一杯は、日本人以外の方々の路麺店へのハードルを低くすることに貢献しているかもしれません。ごちそうさまでした。



関連ランキング:そば(蕎麦) | 京成上野駅上野駅上野御徒町駅




ラベル:台東区 上野
posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 台東区・墨田区・荒川区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。