2018年02月01日

六文そば 須田町店〔神田〕




神田・秋葉原・御茶ノ水駅のほぼ中間点、六文そば須田町店「かき揚げそば」380円をずずずずっっっ。

六文そばは都内の東側に十店舗ほど展開しているチェーン店、あれ、以前はもっと多かったような。一時期は都内有数の店舗数があった気がしますが。私の普段の行動圏からは微妙に外れているので普段はあまり立寄る機会がないのですが、「須田町店の天ぷらが美味しくなったよ」との情報、野暮用から足を伸ばして久しぶりでお邪魔してみました。どうやら天ぷら担当のお店の方が変わられたようです。

この一角は表通りから少し入って、どことなく昭和的な建物が残っています。黄色い看板のお店のある交差点角に近づくと、どこからか鰹節の香りが漂います。狭いお店ながら、朝はおじちゃん3名体制でフル稼働意中です。かけ280円から、これに揚げたての天ぷらを好みでのせるのがウリ。バットにはいろいろな天ぷらが待機中。かき揚げやいか天などの定番天ぷらはもちろん、ソーセージ天、紅生姜天、あじ天、ピーマン天、いわし天、おきあみ天なんてめずらしいものもあります。他にもコロッケそば、さつまあげそば、海草そばなんてメニューもあります。海草そばって、要はワカメそばのことかな? 反射的にかき揚げそば、とオーダしましたが、ここは名物のげそ天そばをオーダスべきだったかな。

「早い」という売り文句どおり、すぐに丼が手渡され、いただきます。汁はザ・暗黒、塩辛いかと思いきや、醤油の味はしっかりするものの、カツオや鯖の節が効いていています。そばは路麺の典型レベル、それは何より提供スピードを重視するから当然のこと。ネギも新鮮でたっぷり。ちょくちょく足を運んでいたわけではないので以前との味の比較はできないけれど、たしかに油の重さは感じず、コロモよりも具材が存在感を出しています。途中で常備されている粗みじん切りの鷹の爪を投入してパンチのある味に変身、思わず汁まで飲み干してしまいたくなりますが、そこはオトナのジジョーで自粛。

朝ということもあり常連さん率が高く、店内に足を踏み入れるなり「そば」と言って天ぷらをチェックしたり、天ぷらを先に指定してそばがうどんか一瞬考えたり、とそれぞれのスタイルで路麺を楽しまれています。好みはあると思いますが、ある意味昔ながらの路麺の姿をきっちり守っているお店、と言えるかもしれません。今回の滞在時間約5分、うむ、次こそはげそ天そばをいただかねば。ごちそうさまでした。



関連ランキング:そば(蕎麦) | 淡路町駅小川町駅新御茶ノ水駅




posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 千代田区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。