2018年03月01日

彩彩〔大井町〕



大井町駅、東小路入ってすぐ「彩彩」かき揚げそば400円をずずずずっっっ。

戦後の闇市の風情を残す一角もすっかり少なくなってきました。それでも都内の何箇所かに、いわゆる飲ん兵衛小路がまだ残っていて、そういう小路をうろつくとなんとなく安心するのは、やはりオッサンだからでしょうか。。

さて、こちらのお店は朝6:30からの営業。この立地から想像できるとおり、朝昼は路麺営業、夕方以後は飲み屋さん営業の二毛作店。限りなく立ち食いスタイルですが椅子があり、まずは着席してメニューをちらりと眺めて「かき揚げそばおねがいします」と一人で切り盛りされている大将というかおやじさんにオーダします。

こういうお店だとおやじさんの所作をぼーっと眺めてるのが好きなのですが、なんというかこちらのおやじさんとさりげない会話が進むんですよね。これはおやじさんの(大げさに言えば)人間力というか。フトコロにすっと入り込みつつ、適度な距離感をキープ。これって、なんというかバーのマスターとかにも共通するところがあるように思います。それでも大将の動作はおだやかにして無駄がなく、麺を冷水で〆てから再加熱したり、汁を都度小鍋で温めたりと仕事がていねい。大鍋にずっと火を通していると、風味が飛んじゃいますからね。

ではいただきます。細麺ながらきちっと〆ているから、いわゆるフガフガ麺とは違います。ただ、若干絡まりやすいのが贅沢な悩み。かけ汁は醤油が前に出たタイプで、なるほど小鍋で温めるのは出汁はもちろん醤油の風味をいかしたいから、かもしれません。揚げおきのかき揚げはしっかり油が切れつつ、汁にひたしてもくずれません。玉ねぎにニンジン、青菜(多分春菊)と王道ながらこの味と食感は結構好みです。

食べ終わって出る時に「いってらしゃい」と気持ちよく送り出してくれます。味もなかなかいいんだけれど、やはりこのお店で一番記憶に残るのはおやじさんの笑顔とトーク。あっ、、味玉追加し忘れたのを思い出しました>< ところで。こちらのお店、夜の蕎麦はカレー一択らしいですが、「ナポリタン」メニューがあるらしいんですよね。。これは気になる。夜も来てみなければ。ごちそうさまでした。



関連ランキング:居酒屋 | 大井町駅鮫洲駅青物横丁駅




posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 品川区・大田区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。