2018年03月01日

立喰いそば 丸長〔田町〕



駅西口/三田口の階段を降りて右側の森永ビル地下1階「立喰いそば 丸長」きつねうどん350円をずずずずっっっ。

田町/三田といえば、世間的には慶応大学のイメージがあるかもしれませんが、実はNECと三菱自動車の城下町、さらには森永乳業/製菓の本社ビルもあります、というかその地下の商店街にあるファストフード店がこちら。ちなみに建物の飲食店街は「エンゼル商店街」という名前で、森永と言えばエンゼルですよね。。私も一時期この界隈に勤務していたので、こちらのお店にはずいぶんお世話になりました。ということはこちらのお店も結構長く続いてますね。

久しぶりに田町に野暮用があり、20時前にちょいと立ち寄ってみれば、立錐の余地の無いほどの盛況ぶり。この時間ですから、ほぼ全員酔客、夜は実質立呑酒場として機能しています。少し遠くから「そばだけでもいい?」と店主さんに尋ねると、「そばは終わっちゃったんだよ、うどんでいい?あと天ぷらも終わっちゃった」とこのと。そういえばかつても残業中の夜食に夜の営業時間ぎりぎりに駆け込んだらそんなシチュエーションがあったっけ。

ということで、きつねうどんをお願いすると、他のお客さんのオーダに先んじて作っていだきました。すみませんねぇ。。酔客の、あんな話やこんな話などが耳に入る中、もくもくとうどんをすすります。暗黒系の汁に、茹で麺再加熱のコシとは無縁な一杯、とにかくスピードを求めるビジネスマンのためのお店ですから当然のオペレーションでしょう。ちなみに汁は塩辛そうに見えてそれほどでもありません、、が記憶が正しければ汁の味には少々ブレがあったような。いや、このお店に限ったことじゃないですよ、麺系のお店は、時間他によっても微妙に味がちがったりするものです。

厨房の壁には、「がんばれ三菱自動車」の文字や、「バザールでござーる」のカレンダーがかかっています。これも田町らしいと言うか。先に書いたとおりこの界隈のビジネスマンにとっては欠かせないお店なのですよ、こちらは。だからこそ、毎日昼も夜も大混雑なのです。ごちそうさまでした。



関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 三田駅田町駅芝公園駅




ラベル:田町 二毛作
posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 港区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。