2018年03月01日

新宿十割そば〔新宿御苑前〕



新宿御苑前駅2番出口近くの交差点を北に入ってすぐ次の角右側「新宿十割そば」豚肉十割つけそば700円をずずずずっっっ。

2018年1月開店。路麺店というと朝から夕方まが営業時間というお店も多いけれど、こちらのお店は昼からの営業で夜22時まで立ち飲み兼業。実際、21時近くに立ち寄ってみると、私以外はみなさんアルコール組でした。

といっても、店内、というかカウンターの立ち飲みスペースしかありませんが、は6人も入れば大入り満員。先客2組の間に滑り込ませてもらいました。とはいえ諸事情で飲めない立場ゆえ、店員さんに「食事だけでもいいですか?」と念のため確認しちゃいました。

食事メニューは更級十割ざるそば/藪十割ざるそば各500円、それに鶏肉十割つけそば/豚肉十割つけそば700円のみ。そもそも更級/藪という分類の仕方が少々マニアックですよね。更級は吟醸粉、藪は全粒粉を使っているらしい。好みで麺が2種類あるということはわかったけれど、つけ蕎麦系でも選択できる(らしい)ということを知ったのは豚肉十割つけそばをオーダしてしばらく時間が経ってから。。ちなみに、他には天ぷらとおつまみ類が数種類あるだけというシンプルさ。

提供された蕎麦を見て、ちょっと驚きました。十割蕎麦を謳う他の路麺店とは一線を画し、扁平ではなく若干太さにブレのある細麺。そのまま口にしてみれば、ほのかな蕎麦の切なく甘い風味を舌先で感じることができます。コシは固すぎず柔らかすぎず、喉越しつるつると爽快。やや短めではあるけれど、

つけ汁は、いわゆる武蔵野うどんのようなスライスした豚肉を煮込んだものではなく、チャーシュータイプの豚肉をごく軽めに煮たものです。他に具材はネギやしめじなどに加えて、油揚げではなく厚揚げが入っているのがおもしろい。やや甘めにチューニングされた汁ですが、机の上にネギ、ゴマ、一味、大ぶりにカットされた刻み海苔が常備してある他、店長さんが「よろしければこれもお使いください」とラー油、カレー粉も出してくれました。肉汁や蕎麦にラー油は最近増えていますが、カレー粉はなかなかめずらしい。

これだけしっかりした蕎麦を立ち食いスタイルで500円~、というのは●●。


posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 新宿区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。