2017年11月01日

麺の善當(善當製麺所)〔町屋〕




町屋から尾竹橋通りを北へ、荒木田交差点の少し手前を左へ入ってすぐ「麺の善當(善當製麺所)」天ぷらそば410円をずずずずっっっっ。

尾竹橋通りは商店がずらりと並んでいますが、一歩路地に入るとそこは住宅地。ですが、その一角にこちらのお店はあります。店名からするとおそらく製麺所がそのまま直営で食べられるスペースを設けたのでしょう。二階より上はキャッスル善當というマンションになっています。「そばうどん」の暖簾がかかっていますが、訪れた日は心地よい天気だったからか、お店の前面の扉は開け放たれて開放的になっていました。

厨房の中にはオバチャンが一人。メニューは厨房の奥の壁に貼られています。かけ300円からの値付けで、あまりひねったメニューはなく、最高額は五目天510円。では、いつもどおり天ぷらそば410円、これをお願いしましょう。函から麺を取り出してさっと湯がき、丼にうつしてその上に揚げ置きのかき揚げを乗せ、さらにその上からかけ汁を注ぎます。そうそう、かき揚げの上から汁をかける、ジャンクな立喰い蕎麦はコレですよね。

さっそくいただきます。やや細めで柔らかい麺ですが、蕎麦の風味は若干感じます。汁は量販品的な味ですが、嫌味はなく後口も悪くない、不思議な後口の汁です。天ぷらは汁を吸って膨らむタイプ。小麦粉分は高そうだけれど、既に汁がかけられているからか緩くて、ジャンクな味わいで楽しい。

「ひもかわ、ほそめんあります」という張り紙に、食べ終わる頃に気が付きました。再訪の折にはひもかわをいただきましょうかね。食べ終わっておばちゃんにどうもーと声をかけると、どこからか男性の声でありがとうございましたとの返事。あれ?と思ったら、手前側がめんつゆなどを売っているコーナーがあって、どうやらそこのご主人の声だったようです。ごちそうさまでした。



関連ランキング:そば(蕎麦) | 町屋駅前駅荒川七丁目駅町屋駅




posted by kennny at 01:00| Comment(0) | 台東区・墨田区・荒川区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。