2017年11月01日

そば処 ながみ〔平和台〕



環八の平和台駅前交差点角「そば処 ながみ」天ぷらそば400円をずずずずっっっっ。

平日朝8時にお店の前を通りかかると、あれ、暖簾が出ていない?でも店内の電気が点いているし?と思ったら男性が店内に入っていきます。よかった、営業してる、ということで私も続きました。カウンターのみの店内、出入り口は2箇所にあり、その間に券売機が設置されています。ほぼ反射的に天ぷらそば400円をポチッと。ちなみにかけそばは290円という価格設定です。席についてカウンター上に食券を置き、厨房の店員さんに「蕎麦で」と声をかけます。

男性店員さんは、この手のお店に有りがちな少々がさつな、もとい元気みなぎる方とは真逆の、腰が低く穏やかそうな方。先客のお蕎麦を加熱していねいに湯切りされている動作を見れば、ああ、真面目に作られているなぁとすぐわかります。天ぷらも各種バットに揚げ置き待機していますが、これも綺麗に並べられています。これ見るとあれこれ追加したくなります。

私の分が調理され、お待ちどおさまですと丼を渡され、いただきます。ん、テーブルが低い。置いたままで食べるにはちょっとつらい。これは店舗がもともと居抜きか何かなのかしら。まずは汁を一口、これは関東風・お江戸風の醤油がガツンときいたヤツではなく、関西風のお出汁が前面にでるヤツでもなく、穏やかに醤油をきかせながら出汁も控えめに使われている、なかなかバランスの良い汁。これ、いいじゃないですか。蕎麦はゆで麺再加熱、コシやそばの風味はないけれど、ぼそぼそでもなくゴワゴワでもなく路麺店としては十分立派。

食べている間、ご主人は奥で天ぷらを揚げられていましたが、やはり動作がていねいです。蕎麦にトッピングされた天ぷら(かき揚げ)も、油っぽさは切れて軽めの仕上がり、なかなか上々ですが、それでいて主張が強すぎない。ていねいな調理の結果ではないでしょうか。

何かが突出して味を訴えるのではなく、どれも少し控えめながらきちんとしていて(お値段比で)、相互のバランスがいい。こういう一杯は毎日食べても飽きません。先客はカレーを頼んでいましたが、これも家庭的なビジュアルで美味しそうでした。平日のみ、16時までの営業と私にとってはなかなか訪問のハードルが高いお店ですが、機会があればまた立ち寄りたいなぁ。ごちそうさまでした。



関連ランキング:そば(蕎麦) | 平和台駅




posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 練馬区・板橋区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。