2017年10月01日

かみむら〔新三河島〕




京成本線新三河島駅、改札を出て右手に回り込む「かみむら」そば240円にかき揚げ110円をトッピングして、ずずずずっっっっ。

新三河島駅に停車している上り電車の窓からも暖簾が見えるお店。明治通りから線路脇の道へ入ると、商店や飲食店がほぼないだけに、こちらのお店の暖簾は目立ちます。平日の夕方閉店近くに暖簾をくぐると、先客2組、1組は奥のテーブルでお酒を片手に適度にゴッキ・ゲーン♪のようです。入口脇には階段がありますが、タイムレコーダー諸々が雑多に置かれて生活感が。厨房はご主人お一人で仕切られているよう。

メニューは、そばだけでなく、みそラーメンやとんこつラーメン、つけ麺もあるようです。うどんは汁を関西風にもできるとのこと。とん汁うどん、肉じる盛りうどんなんてメニューも。天ぷらはメニューも書かれていますが、ケースに待機していて、見ながら「コレのせて」とオーダできます。かき揚げはノーマル版に加えて海鮮かき揚げもあり、またカツというのも気になるのですが、あいにく既に品切れの模様、スタンダードに(ノーマルの)かき揚げをお願いしましょう。カレーや丼もおいしそうですが、ここは自粛して。

調理を見ている限り、麺は冷凍麺、しかも茹で時間からすると事前に解凍しておいたものでしょう。手際よく作られた丼をお代と引き換えに受取り、いただきます。そばは細麺で冷凍麺特有の歯ごたえがあり、ところどころ黒い星のあるもの。色黒に見える汁はそれほど濃くなく、軽く甘さもあるもののすっきりとバランスがよく、するすると胃袋に落ちていきます。おそらく業務用のものをうまく使われているのでしょう。天ぷらは玉ねぎと小麦粉比率が高いものの、揚げ置きで油がしっかりキレているので汁に油が大量に浮くことはありません。汁にひたしてもあまり派手に崩れず、汁を吸ってほどよいお味になります。

パンチのある味ではなく、さっとほどよく美味しくすすれる一杯を提供されているのでしょう。お店に加えてご主人の醸し出すほどよい雰囲気居心地の良さにつながってるように思いました。ごちそうさまでした。



関連ランキング:立ち食いそば | 新三河島駅三河島駅町屋二丁目駅




posted by kennny at 10:46| Comment(0) | 台東区・墨田区・荒川区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。