2017年09月01日

菜の花そば〔西船橋〕




西船橋駅構内「菜の花そば」コロッケそば370円をずずずっっっ。

西船橋駅構内には、東京メトロ系のめとろ庵や改札外にほんのり屋あらためあずみもありますが、今回はNRE系のこちらのお店へ。こちらのお店ももともとあじさいだった店名が彩花庵に変わり、さらに現在は菜の花そばという名前に変わりましたが、経営はNREレストランシステムで変わらず。おわかりのとおり菜の花そばというのは店名から連想できるように千葉方面のローカルブランドということのようで、現在は千葉駅構内とここ西船橋駅の2店舗がこの名前を冠しています。

能書きが長くなりましたが、結局のところこちらのお店はNRE系のあじさい、大江戸そば、中仙道、濱そばなどといったブランドと同じクオリティといっていいかと思います。そもそも麺の通函が共通ですし。。しかしこちらのお店は時間帯ゆえかかなり混んでいて、しかも女性客も多いのが意外。交通系ICカードが使える券売機でポチッと、味はほぼ予想がついているからたまには変化球とコロッケそばをポチッと。店内は厨房に面したカウンター席の他に立食い席があるのがちょっとおもしろい。

店員さんは年齢層様々な女性陣数名。人にもよりますが、混雑ゆえかなりテンパっているのは仕方がないところ。狭い厨房スペースをベテランお姉さんがあちこち動きまわります。かけだしはサーバー方式、ようやく私の丼が「お待ちどおさま」と運ばれてきました。丼が滑らないように下敷きがあるあたりはさすがのノウハウです。

ではいただきます。顔を近づけた瞬間、ふわっとカツオ系の香りを感じましたが、あとはNREクオリティ。醤油がいた汁は課長(あて字)を含めた濃いめのところでバランスをとっています。加熱時間が短い麺は細いから熱はとおっているもののごわごわ感は否めず。そういえばNRE系でコロッケははじめて食べた気するけれどじゃがいも自身ではないと思われる甘さが強め。この強い汁ならこのコロッケの味にしないとバランスがとれないでしょうからこれで正解。あとはいっきにかきこむのみ。

うーん、正直に言えば、やっぱりめとろ庵のほうが好みかな。まあ、こういうお店は選んで行くというよりは時間がない時やロケーションゆえの選択肢、でしょうから、これはこれでいいんです。それがわからなければ路麺を語ってほしくないなぁ。ごちそうさまでした。



関連ランキング:うどん | 西船橋駅京成西船駅東中山駅




posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 千葉県 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。