2017年08月01日

都そば帝劇地下店



帝国劇場地下2階の飲食店街「都そば帝劇地下店」天ぷらそば400円をずずずっっっ。。

帝国劇場の地下は1階・2階と飲食店が並んでいますが、さすがに朝から営業しているお店は少なめ。有楽町からくるとオフィス街を抜けてくることになるので、どちらかというと日比谷側からオフィスに向かう前に一杯、という人が多いのでしょうか。都そばは関西系の路麺チェーンで、首都圏だとこことなぜか京成高砂にあるお店くらいでしょうか。以前は都内にももう数カ所、あと千葉は八千代台駅にあったはずですが閉店してしまったようです。

券売機ではなく、厨房前に行っておばちゃんに直接オーダするシステムです。そばうどん共通のメニューで、そうめずらしいものはありませんが、しいて言えばビールを置いているのがややめずらしいかな。関西系なのでうどん用の関西風の薄い色のお出汁も用意していて、わがままを言えばおそばに関西風の出汁なんて注文もできるようですが、蕎麦にはやっぱり黒い汁だぜ!と天ぷらそばを注文。すると、おばちゃんが茹で麺をちゃちゃっと湯がき、バットに待機していたかき揚げをトングでピックアップ、すぐに丼完成です。えーとおばちゃん「当店の天ぷらは揚げたてです」って表示は関西系だけにツッコんでいいところ?

着席して、いただきます。チェーン店の蕎麦ですから、あまり特色はありませんが、路麺店としては大きなマイナス点もない一杯。出汁は甘さが抑え気味でおそらくサバや宗田をつかっているのかするっと飲めるタイプです。天ぷら=かき揚げは玉ねぎ主体、衣が薄めでいわゆるグズグズにならないタイプですが、刻んだ紅しょうがが入っているからかところどころ赤い色が目立ち、味にもアクセントが出ています。注文都度揚げではありませんが、重くなくこれは路麺標準を上回るクオリティ。おそらく揚げたてというのは出来上がって1時間も経ってないよ、ということなのでしょう、しっかり油も落ちて、下手に揚げたて油ギトギトよりはよほどいいかと。

こういう路麺は、地下2階で食べるよりも、駅のホームの片隅とか、小路沿いの暖簾の内側で食べたいな、とも思ったりして。それにしてもなぜ都そばがここに出店しているのかは不思議です。たしかに日本全国から人がやってきそうなロケーションではありますが。。ごちそうさまでした。



関連ランキング:そば(蕎麦) | 有楽町駅日比谷駅二重橋前駅




posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 千代田区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。