2017年06月01日

蕎麦のぶ〔練馬〕



西武池袋線・都営地下鉄大江戸線練馬駅、南口を出て高架の線路沿いに池袋方向へ「蕎麦のぶ」かき揚げそば(温)400円をずずずずっっっっ。

練馬駅周辺と言えば、駅構内の越後そば、南口のビルにおさまった三愛が健在ですが、また少し前までは南口のバス通りに面した山田屋といういい味のお店がありました。閉店してちょっと残念に思ってましたが、2017/6/1に新店オープンとの情報、しかも三愛と同じ番地内ですよ。

練馬駅で乗換のついでに立ち寄ってみると、正面の間口と同じ幅、いや正しくはそこから調理場との出入り口分を引いた幅しか立食スペースのない、かなり極小店。5人、いや4人でもかなりきつそうです。こんな状態ですから、当然椅子はありません。店外に小さな券売機があり、さっと眺めると蕎麦うどん類の他に丼、セット、さらにはアルコール類もあります。夜は立ち飲みを兼ねているようです。厨房には揃いのTシャツの男女店員さんがいらっしゃいました。

かき揚げそばをポチッとして店員さんに渡すと、それからかき揚げを揚げ始るのが見えて、おっこれはラッキー。少ししてから「おまたせしました~」と声がかかり、丼を受け取ります。調理しているところはよく見えませんでしたが、丼が熱いのはラーメン屋さんでよくやるように丼もちゃんと温めているのかもしれません。

関東的暗黒系の汁に沈む蕎麦もなかなかの色黒で、しかも表面にはホシが点々と。もしかして冷凍麺でしょうかね。汁は醤油と甘さがややケミカルに尖っている気もしますが、たっぷりで鮮度のよいネギとワカメがいい中和剤になっています。これまたやや色黒の仕上がりのかき揚げは、小ぶりに見えて立体的、玉ねぎとにんじんの甘さがいい感じ。

こちらのお店、近所の魚たか、海鮮七輪 湊などと同じ経営のようです。この規模のお店にしてはアルコールをちゃんと揃えてるなと思ったのはそういうことのようで。夜の12時まで営業しているということは、かなり遅めの時間に蕎麦をずずずずっっっとか、〆に温そばなんてのもできちゃうわけですね。近所に住んでたら罠にはまりそうだ。。ごちそうさまでした。



関連ランキング:立ち食いそば | 練馬駅桜台駅豊島園駅




posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 練馬区・板橋区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。