2017年05月01日

はるな〔川崎・京町通り〕



川崎市の臨海部、産業道路のJFE前交差点から市電通りに入ってすぐ左側「はるな」天ぷらそば450円をずずずっっっ。

非チェーン系の路麺店にはめずらしい24時間営業店。まあ、たしかに臨海部の大通りに面したこのロケーションなら、深夜でもそれなりにニーズはあるだろうというのはわかるのですが、さらにめずらしいのはそれを女性が切り盛りしているという点(男性店員さんが皆無かどうかまでは確認してませんが)。三角形の敷地に建っているお店は、市電通りに並行のカウンター席があり、券売機ではなく直接女性店員さんにオーダするシステム。厨房のバットには数種類の天ぷらや揚げものが待機していて、カウンター上のメニューではなくそれを見てオーダするお客さんもすくなからずいらっしゃるようです。

天ぷらそば、とデフォルトでオーダするとかき揚げになるのはこの手のお店のお約束ですね。そう待たず丼が手渡され、現金払い。では早速いただきましょう。待っている間に、バットにある鶏唐揚げを見つけてちょっと悔しい思いをしたのはココだけの話です。ちなみに、お酒、きんぴらに卵焼きなど数品置いてあるので、ちょいと一杯も可能な模様。これはもしや夜勤明けのお兄ちゃんが、帰る前に一杯飲んで食べて、というシチュエーションなのかしら。。

さて、天ぷらそば色黒の麺はぼそっにゅるっとした独特の食感で、これが甘さ抑えめのやや塩分を感じる汁に沈んでいます。かき揚げは二次元的、少々時間が経っているのかやや固くなっているところがあるものの、路麺クオリティとしてはそう文句をいうレベルではなく、ぱりぱりとした食感がおもしろい。

ところで、グーグル先生によれば、こちらのお店は「高崎はるなそば店」という名称が正しいようです。む?はるなって人の名前かなと思ってましたが、もしや安中榛名ならぬ高崎榛名?とくればこちらのお店は何か群馬県に縁があるのかしら? さらに、mixiのコミュニティまであるらしいぞ。。また、蕎麦類の他に、スタミナ丼、牛焼肉丼というメニューも気になります。深夜のスタミナ丼、深夜の牛焼肉丼、、そこで気が付きました。こちらの甘さ控えめ塩分やや高めのお蕎麦は、深夜とか夜明けくらいに食べると美味しく感じるんじゃないかしら。ごちそうさまでした。



関連ランキング:立ち食いそば | 浜川崎駅小田栄駅





posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 神奈川県川崎市 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。