2017年02月01日

フクチャン〔蓮根〕



蓮根駅南側、板橋区の蓮根区民事務所の通り沿い「フクチャン」天ぷらそば450円をずずずずっっっっ。

店先のサインには「天婦羅 フク」と書かれています。ひさしには「惣菜 フクチャン」。小さなお店の窓に貼られている手書きのメニューを見ると、どうやらそばが数種類、路麺価格で提供されているよう。ということで、扉を開けてみたら、、激狭な店内の簡易椅子は3人で満席中、しかもみなさんそばをすすってるのでなくほぼ立ち飲み屋さん状態。ちょっときまりが悪そうな顔をすると、一番奥のおやじさんが「じゃ、詰めて」とほかのお客さんに声を掛けて、本人は回り込んで厨房へ。どうやらご主人、お客さんと一緒に飲んでたようです。

「おそばだけでいですか?」と厨房の中の奥様に尋ねると「じゃあ天ぷらそばでいい?」と自動的にオーダが決まりました。表に書かれていた豆腐そばがちょっと気になったんですが、まあやはりここは天ぷらそばでしょう。オープキッチンというか家庭の台所のような厨房で、冷蔵庫から材料を取り出し湯がいて、手際よく丼の完成です。

天ぷらそばといっても、やや小ぶりの天ぷらは大量のネギに隠れて見えません。もうこれは天ぷらそばというよりはねぎそばと言いたいくらい。こんなたっぷりのネギを使った蕎麦、美味しくないわけがありません。看板に天婦羅とでているだけあって、お惣菜的かき揚げはたっぷりとネギと汁の旨味を吸い、揚げ置きでも重さを感じません。これ、いわゆる路麺的な味でもいわんや街蕎麦の味でもなく、家庭の味ですね。でもそれでいいんです。人の家庭の味に文句をつけるヤツとはきっと私は友だちにはなれないと思います。

先に書いたとおり私以外の皆さんは、アルコール片手に昼からゴキゲン。そういうお店があってもいいじゃないですか。いやなら行かなければいいだけです。常連さんは気の良さそうな人ばかりで、私もお酒をオーダしたら話がはずんだかも。ごちそうさまでした。



関連ランキング:そば(蕎麦) | 蓮根駅西台駅志村三丁目駅




posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 練馬区・板橋区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。