2016年12月27日

嵯峨谷 阿佐ヶ谷店



阿佐ヶ谷駅北口、広場正面「嵯峨谷 阿佐ヶ谷店」もり(そば)290円をずずずずっっっっ。
駅からすぐという便利な立地。たしかもともとバーガーキングがあった場所に、2016/12嵯峨谷が開店。このところ嵯峨谷は阿佐ヶ谷に秋葉原と精力的に店舗展開を進めていますね(浜松町は閉店したようですが)。

メニューを見る限り、価格もメニュー構成も他の店舗と同一、つまりもり(そば/冷麦)290円~、鯵ご飯あり、朝のセットメニューあり、生ビール150円あり。店外入口脇にある券売機でもり290円のチケットをポチっと、店内の厨房に「蕎麦で」と声をかけて出し、半券を持って席で待機、という流れも他店舗と同様。

数分で番号が呼ばれて、トレイを受取り、いただきます。汁もキンキンに冷えているし、幅広扁平の蕎麦もおそらく氷水でしっかり冷やしています。要は冷たい、というか冷たすぎ。正直に言ってしまうと、味がほとんど感じられません。。まあそういうこともありますかね、タイミングが悪かったようです。

嵯峨谷では鯵ご飯や150円ビールが話題になることが多いですが、個人的にはここはもりの蕎麦または冷やしのみの選択に限ると思ってます。というのも、無化調を謳う汁は、蕎麦や冷麦を浸して食べるには薄味スッキリで、290円というお値段を含めてなかなか秀逸と思うのですが、例えば天ぷら類が加わった途端、この汁はバランスを崩します。よく言えば繊細、言い方を変えると弱い。これはこれで嵯峨谷の個性だと思うのです。ごちそうさまでした。



関連ランキング:そば(蕎麦) | 阿佐ケ谷駅南阿佐ケ谷駅


posted by kennny at 08:00| Comment(0) | 中野区・杉並区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください