2016年12月28日

箱根そば 新宿西口店



新宿駅西口、ヨドバシカメラの裏手「箱根そば 新宿西口店」朝そば390円をずずずずっっっっ。

2016/12/19開店とのこと、以前は西武/狭山そば系の「つのはず 深大寺そば」があったはずですが、いつの間にか閉店しそこに小田急系の箱根そばが入るという、生き馬の目を抜くような展開です。

店内のレイアウトは完全にリニューアルされています。入口脇に券売機があり、交通系ICカードが使えるのはさすが私鉄系のお店。定番のかき揚げそばとも思いましたが、気分的にそこまでガッツリではなかったので、朝そばセット390円をポチッと。ん、朝そば390円ってのは、駅構内の箱根そば本陣と同額かしら。一般の箱そばよりも高額(というか店舗ごとに値段差はあった覚えがあるけれど)? 奥の厨房前カウンターに食券を出しながら「温かいお蕎麦ね」と声かけ、冷水を汲んで待ちます。

まだ開店一週間ほどということもあり、厨房内はおそらくリーダーと、その指導を受けて動く店員さんでいっぱい。まだややおぼつかないオペレーションなのは仕方がないところ、まあこのへんは時間の問題でしょう。そんなこともあってやや時間がかかりましたが、無事トレイを受け取って席へ。

店内は広くないけれど、着席スペースと立食スペースとあり、今回は着席していただきます。色白薄めで透明感のある汁は、暗黒醤油愛好者には物足りないこと必至だけれど、減塩を気にしなければならないオトーサン向きということではちょうどいいか。蕎麦の状態はオペレーションの結果が如実に反映していますが、これはきっとそのうち改善されるでしょう。天かすははじめサクサクすぐにとろりと溶けますが、軽めにしてコクがでるいい状態。これとワカメでするりさらり。

場所柄、外国人旅行客が朝食として立ち寄る姿も見られました。スタンディングそばヌードルがジャパニーズファストフードとして認知される日も近いかもしれません。考えようによっては、「今何時だい?」な江戸前蕎麦なんて屋台のファストフードだったわけで、こうして先祖返りした姿が外国からいらっしゃった方は新鮮な光景に見えるかもしれませんね。っってことで、ドメスティックな利用者もスマートにすすりたいもの。ごちそうさまでした。



関連ランキング:立ち食いそば | 新宿駅都庁前駅新宿西口駅


posted by kennny at 07:00| Comment(0) | 新宿区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください