2016年02月09日

きぬそば〔末広町〕



地下鉄銀座線末広町駅と千代田線湯島駅の中ほど「きぬそば」かき揚げそば380円をずずずずっっっっ。
中央通りから少し入ったところにあるお店は、ザ・立ち食いそば屋さんという雰囲気たっぷり。中途半端な時間帯に行っても(といっても2度ほどですが)たいてい1人2人先客がいるのが不思議です。この界隈は小さな事務所なども多く、食事時間が不規則なお客さんも多いということなのでしょう。

カウンターの奥の金属製のバットに揚物が十数種類待機。メニュー見なくても「そばにこれのせて」でオーダできますし、そのほうが楽しい。でも私がいただくのはたいていかき揚げ。再加熱された茹で麺は細めですがコシというか硬さを残すもの。色黒の汁は意外と塩辛くなく、しかし甘さも控え気味のきりりと江戸っ子辛口タイプ。かき揚げは白エビ/というか多分オキアミを使っていてなかなか香ばしく、揚げ置きですが油が切れて重さを感じさせません。

混んでるときはともかく、空いていると何かおまけしてくれることが多いみたいですね(あるいは常連さん認定された場合かも^^;)。訪れたときはミニちくわ天、ミニお揚げをのせてくれました。こういうあたり、常連さんが多くつく理由なんでしょうね。時折近所のOLさんがテイクアウトのオーダーにきたり、というのも微笑ましい。

こちらのご主人、もともとキッチン南海を経営されてたそうで、名物はカレーライスというのは路麺好きの間ではつとに有名。なんですが、私、訪問回数が少ないので、まだカレーまでたどり着いてないのです。いつになったらカレーを食べられることやら。。でも、見ている限り常連さんは特にカレーをオーダしたりはしていないようでもありました。。ごちそうさまでした。



関連ランキング:立ち食いそば | 末広町駅湯島駅上野広小路駅




posted by kennny at 11:00| Comment(0) | 千代田区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。