2016年10月06日

文殊 大山店



東武東上線大山駅、南口改札正面「文殊 大山店」かき揚げそば390円をずずずずっっっっ。

文殊も徐々に店舗を拡大してます。大山店は11店舗目でしょうか、改札を出て5秒という便利な場所に2016/9/11開店です。もともと富士そばがあった場所らしいですが、どうした富士そば。。

着席スペースはなく完全立ち食い、それも5人も入れば一杯でかなり狭め。実際先客が2名いたので、奥の方に入りましたがお尻とお尻がこすれそうなレベル(手前に立ってれば大丈夫でしょうか)。左手の券売機をポチッと、そして食券を店員さんに「そばで」と言いながら渡すと「茹でますので少々お待ち下さい」と嬉しい返事がかえってきます。

しばらくして手渡された丼は、ホシの見える細麺に濃すぎず薄すぎずの色合いのかけ汁(都内路麺比)。先に汁をすすってみると、きちんと出汁の風味があり、適度の甘口で美味しく仕上っています(都内路麺比)。麺は細いこともあって喉越しもよく、そばの風味も感じます(標準的路麺比)。かき揚げは揚げたてではないものの、ある程度の頻度で揚げているようで、油がちゃんと切れてさっくりしています(標準的路麺比)。

後ろを振り返れば駅に電車が来たかどうかわかるし、ぱっと丼を返して改札を通過すれば電車に乗れそうなレベルの距離。川越、成増と出店済みの文殊、今後も東上線方面に積極的に進出してくのかしら。ごちそうさまでした。



関連ランキング:立ち食いそば | 大山駅板橋区役所前駅




posted by kennny at 16:00| Comment(0) | 練馬区・板橋区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。