2016年09月28日

秩父そば 上石神井駅店



上石神井駅南口「秩父そば 上石神井店」かき揚げそば450円をずずずずっっっっ。

2015/8/27に東村山店、9/1に清瀬店がオープンした秩父そば。西武関連の駅そばも衰退して集約かぁ、と思ってたら、気がついたら武蔵関店が増えてるじゃないですか。ちなみに他に熊谷駅店、長瀞店(寄居店が移転ということらしい)、お花畑駅店というお店もあるようですが、こちらはおそらく西武レクリエーション株式会社の経営ではないと思われます。しかしまさかの積極攻勢、しばらく路麺店のなかった上石神井に9/28に新店をオープンさせるとは。。ということで、上石神井店に立ち寄ってみました。

平日夕方、開店のお知らせのチラシが駅構内にも目立つように貼られています。南口の階段を降りたところにたいやき屋さんがあり、その隣に秩父そばの文字を発見。表に券売機があり(だからこれちょっと恥ずかしいからできれば中に設置してほしい)、かけ320円~とちょっとだけ高めの設定。東村山店や清瀬店でもみかけた、わらじカツ丼780円もあってちょっとそそられますが、まずはかき揚げそば450円をポチッといきましょう。場所柄交通系ICカードが使えます。

蕎麦はできるだけ都度茹でているようで、少々お待ち下さいとのコール。私は3番めのようで、店内はお兄さん二人が慌ただしく動き回ってます。。が、ここで気が付きました。厨房(と店員さん)は隣のたいやき屋さんと共通です。そういえば東村山のお店もたい焼きを扱ってたなぁ。

結局3分ほど待ってかき揚げ蕎麦を受け取りました。椅子席はなく完全立ち食い店、新規で完全立ち食いは最近ではわりとめずらしいんじゃないでしょうか。結構色黒の汁はしっかりかえしと甘さを感じるアツアツ、そこから引きずり出す蕎麦は色がついてところどころのホシのある麺。おそらくこの麺とかけ汁は東村山店でいただいたのとほぼ同じ。おそらく冷凍麺でしょう、NRE系よりはずっといい印象です。

かき揚げは都度揚げかどうかは未確認ですが、かりに揚げ置きとしてもそう時間が経っていない温かいもの。玉ねぎと人参がたっぷり入り、油はほどほどに切れて汁に落ちた油はコクを生みます。ややオイリーですが重さは感じません。

今後秩父そばがどう展開していくのか気になるところです。もしかしてこの勢いでもっと店舗を拡大していくのでしょうか。。それも気になるけれど、やっぱり一度はわらじカツ丼を食べてみようかな。。ごちそうさまでした。



関連ランキング:立ち食いそば | 上石神井駅




posted by kennny at 19:00| Comment(0) | 練馬区・板橋区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。