2016年09月08日

天かめ 江戸川橋店



江戸川橋交差点から新目白通りを西へ、左側のビル「天かめ 江戸川橋店」冷しかき揚げそば340円をずずずずっっっっ。

この数年、東京の中部から城東方面にかけて天かめの店舗が急に増えているような気がします。もともと飯田橋にお店があるのは知ってたのですが、本郷、春日、平河町、門前仲町、、そして江戸川橋にもできていたとは知りませんでした。ランチの時間帯を外してしまい、あわててこちらのお店に駆け込みました。表に「細切り蕎麦 のどごし一番」と書かれています。

お店の表側にある券売機をポチ。普段は初めて訪れる路麺店では(温かい)かき揚げそばをいただくことが多いのですが、この日は湿度が高く蒸していたため、冷しかき揚げそば340円をいただくことにしました。というのも、お店によっては冷汁を用意したり麺を冷やす工程が増えることから冷しは通常の(温かい)そばよりも高い値付のことが多いのですが、こちらのお店は温冷同額、それなら遠慮無く冷たいのをオーダできます(←意外とセコいな)

店内は厨房を囲んでL字の空間。入口脇にテーブル席が1卓ありますが、他はオールスタンディングになっています。外れた時間にもかかわらず、丼を受け取る先客が2人いらっしゃって、天かめグループのトレードカラーらしい茶色のシャツの店員さんより「麺をこれから茹でますので2分ほどかかります」とのご案内。「セルフでお冷を用意してお待ち下さい」という声がけは親切です。

丼完成、ではいただきます。細切りという文字を見た気がするけれど、麺線は特に細いわけではなく、普通。茹でたてなので適度のコシや風味はあるけれど、のどごしも特記するほどのこともありません。冷やしの出汁は、強めのかえしに甘さをかなり感じるもの。エグみこそ感じないけれど、ちょっと私の苦手なタイプ、ここだけの話ですがこっそりお冷の水を足していただきました。あと、冷し系に揚げ置きのかき揚げをのせた結果、ちょっと食べにくくてチョイスミスでした(これはお店の責任ではなく自己責任ですね)。

とはいえ、かけ240円からというお値段は懐には優しいお値段。路麺としては比較的リーズナブルで十分水準以上の内容かと思います。次の機会があればやはり温かい一杯をいただくことにしましょう。ごちそうさまでした。



関連ランキング:立ち食いそば | 江戸川橋駅神楽坂駅茗荷谷駅




posted by kennny at 14:00| Comment(0) | 豊島区・文京区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。