2016年08月15日

ゆで太郎 淡路町店



靖国通りの淡路町交差点近く「ゆで太郎 淡路町店」かき揚げそば420円をずずずっっっ。
信越食品およびFCのゆで太郎システムグループが運営する「ゆで太郎」も、すでに首都圏を中心に100店舗超と最大規模、首都圏近郊のみならず北海道から台湾まで店舗があるというのは、路麺チェーンとしても異色。でも私の行動範囲にほとんどないので、実はほとんど行ったことがないのです。訪れようとしたお店がお盆で臨時休業、という時に大手チェーンならとこちらのお店の存在を思い出し、立ち寄りました。

券売機の上はセットメニューがずらりと並び、セットもの推しということがうかがえます。どうやら夜はちょい飲み利用客をねらってアルコールや一品料理なども提供されているらしい。でもやっぱりどこのお店でも天ぷらそばをポチッとおしてしまうのです。

厨房のお兄さんに食券を渡し、先客の提供が終わり次第私のオーダに着手、半券を持って待つこと3分ほどで「n番のお客様~」と呼ばれます。

着席していただきます。店ごとに製麺しているらしいというそばはやや細麺で量は一般的な路麺店よりやや多めでしょうか。風味は感じませんが、細い分のどごしはいい感じ。デフォルトでワカメとネギ入り。汁は色黒ですが醤油辛さは感じずかるく甘めの仕上がり。蕎麦の太さ、量を考えるとこれくらいの濃度がちょうど一杯食べきるのによさそうなバランスです。

かき揚げは別皿盛り。ちらりと見た限りではその場で油から引き上げられ油切りをしてましたが、立体的なかき揚げはサックリではなくしっとりしていて、都度揚げではなく一度上げておいたものを油通ししたのかな。玉ねぎやニンジンがたっぷり入っていて、ややヘヴィーながらもこれをかけ汁にひたせば汁にコクが加わります。

ある意味期待以上でも期待以下でもない、路麺チェーン店のそつない一杯。個人的には積極的には足が向きませんが、いざという時には頼りになる存在です。ごちそうさまでした。



関連ランキング:そば(蕎麦) | 淡路町駅小川町駅新御茶ノ水駅




posted by kennny at 13:00| Comment(0) | 千代田区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。