2016年07月21日

我孫子弥生軒 五香店



新京成電鉄五香駅、東口広場左側「我孫子弥生軒 五香店」から揚げそば400円をずずずずっっっっ。
2016/2、その手の筋では「え?あの我孫子の弥生軒が、五香に出店?」と大きな話題に。あのジャンボから揚げの、昔山下清画伯が働いていたというあの弥生軒の支店って、超気になるじゃないですか。しかし、五香は遠い。。なかなか訪れるチャンスがなく、ようやく半年近く経ってから訪れることができました。駅構内の営業ではなく、駅前広場の一番隅に「我孫子弥生軒」という看板が出ていました。

やや閑散時間帯だったので、客は私一人(後から高校生らしい男の子が一人)。カウンターの中には店主さんらしきご主人が一人。まだあたらしい店内はこざっぱり、というより殺風景に近いものがあります。あ、これ、褒め言葉ですよ。その中で唯一、揚鍋と思われる鍋だけが、相当の油汚れが目立ちます。やはり揚げものが多いのか。。。メニューは壁に貼られていますが、あまり多くはありません。かけそばが260円ですが、もちろんここはから揚げそば400円で。から揚げ単品140円という値付けもあるようです。他に「ばら天そば」というのもちょっと気になります。

オーダするとご主人が調理を始めます。あっちへ行ったりこっちへ行ったりと若干動線が悪いようですが、それでもそう待つことなく丼完成。おお、から揚げは予想どおりのジャンボイサイズ。思わずニヤリとしちゃいます。が、まずそばをずずっと。細麺の蕎麦は冷凍を湯がいたもの、つるつるとのどごしよし。真っ黒に見える汁も、一口目は醤油がガツンと感じますが、思ったほど辛くはなく、すいすいといただけちゃいます。

そしてから揚げ。あいにく揚げたてではなかったものの油の重さもなく、大きさにたじろぎつつも結局あっというまにぺろりと食べられます。しっかりとつけられた下味に加えて散らされてるネギが好サポート。途中で容器を入れ替えられた七味を投入し、あっというまに完食です。

こちらのお店、我孫子の弥生軒とは関係のない経営だそうですが、細かい部分はいろいろ違うものの味的にはかなり似ています。個人的には麺がこちらのほうがいい状態なのが高ポイント。ご主人も気さくそうだし、また訪れたいとは思うのですが、いかんせん遠いなぁ。。ごちそうさまでした。



関連ランキング:そば(蕎麦) | 五香駅




ラベル:五香 松戸市 路麺
posted by kennny at 13:00| Comment(0) | 千葉県 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。