2016年05月11日

永坂更科 布屋太兵衛 新宿地下鉄ビル店



新宿駅西口、新宿メトロ食堂街「永坂更科 布屋太兵衛 新宿地下鉄ビル店」肉天750円をずずずずっっっっ。
おそらく都内でもトップクラスの「高額」路麺店という位置づけで間違いないでしょう。麻布の老舗の直営店、イートインコーナーと立ち食いコーナーがあり、厨房は中でつながっていますが、この立ち食いコーナというのはもともとお蕎麦はお江戸のファーストフードという感覚を意識されてなんでしょうか。実際江戸時代の蕎麦は屋台が主流だったらしいですし。今回は急いでいたこともあり立ち食いコーナーへ。

こちらのお店、もり/かけの設定がありません。一番安い大もりが730円、あとは温冷十数のメニューがすべて750円均一。また、この手のお店で定番の「かき揚げ」が無く、天ぷら系は肉天と春菊天。では今回は肉天でお願いしましょう。券売機制ですが、場所柄か鉄道系ICカードが利用できるのは便利。カウンターの中のおばちゃんはテキパキと愛想よく、食券を渡すと冷水の入ったコップを渡してくれます。私の後の夫婦客には「おや、今日はあっち(イートイン)じゃないんですねぇ」「ちょっと今日は急いでるからさ」なんて会話をしていたり。

路麺店ですしそう待たずに丼到着。いただきます。。おっと、ちゃんと生麺をゆがいてますネ、蕎麦の風味を感じます。温かい蕎麦なのでコシはあまり感じませんが、プツプツと切れることは全くなく、のどごしも上々。思わずニヤリとしてしまったところに、かけ出汁をずずっっ、、こっちも出汁とカエシがきっちりいてますね。甘さ辛さが立つことなく、穏やかな旨味があります。さすがこのあたりは老舗の蕎麦店、そんじょそこらの路麺店はおろかやる気のない街蕎麦屋さんなら裸足で逃げ出すレベル。

肉天も、サイコロ状に刻まれた肉がゴロゴロ。衣もたっぷりついていてさながら肉のかき揚げ状態、こちらは都度揚げではなくて揚げ置きでしょう。かけ出汁に浸されても茶色い汁を吸ってふやけるもののいきなり崩れることはありません。中心部の方でややゆるめのところがあったのは少々残念ですが、かけ出汁と喧嘩することもなく、たっぷりの肉の間に少量含まれているネギが黒子的に味わいを出してます。

なるほど750円は高いといえば高いけれど、確かに一般的な路麺店のクオリティとは数段の差があります。最近ではいわゆる港屋系の単価が高い路麺店も増えてますし、これはこれで十分アリかと再確認しました。先客は大もりをズズズッと音を立ててすすってますし、この麺ならばもりも美味しいだろうなぁ。ちなみもり汁は辛口だけれど甘口の用意もあるというあたりもニクい。ただ、肉天はもう少しクオリティは上げてほしいかも。ごちそうさまでした。



関連ランキング:そば(蕎麦) | 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅


ラベル:路麺 新宿
posted by kennny at 14:00| Comment(0) | 新宿区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください