2014年06月13日

田〔町田市小野路〕



町田市内から鶴川街道を北へ、多摩市に入る手前別所交差点近く「田」かけそばに天ぷらを2つ載せてずずずずっっっっ。
強いて言えば最寄り駅は京王/小田急永山駅から、尾根幹道路を越えて3kmほど。幹線道路沿いとはいえ、山が道の脇に迫る都内とはあまり思えないようなロケーションに、何故か早朝から営業している限りなく路麺に近い蕎麦屋さんがあります。なんでこんなところに?と思うかもしれませんが、街道を行き来するドライバーに加えて、おそらく数百メートルのところにある多摩ニュータウン市場関連の運転手さんの小腹満たしのためとも言えそうです。

平日7時過ぎ、先客なし。厨房には女性店員さんが一人。カウンター席の他にテーブル席が数卓あります。テーブル席についてメニューを眺めると、かけそば/うどんの他にはあまりメニューは多くありません。ただ、トッピングの天ぷらは数種類あるようで、かき揚げ100円のの他にこの日は茄子、ニンジン、春菊、玉ねぎなどの天ぷら各50円がありました。すでに厨房の奥のほうで待機している状態です。では、かけそばにかき揚げと春菊を載せてもらいましょう。

麺を再度加温し、かけ出汁をはり、天ぷらを載せて出来上がり。なので、クオリティはほぼ路麺ですね。のどごしは意外と悪くなく、つつつっと喉を通っていきます。揚げ置きの天ぷらですが、心なしか野菜の味がかなりしっかりしています。もしかしてこのあたりで採れた鮮度のいい野菜を使っているんでしょうか。全体にはどうってことのない味なのですが、同時に飽きの来ない味でもあります。

ささっと丼をたいらげて、ごちそうさま。お店のおばちゃんに、おいしかったですよ、と声をかけると、気をつけて行ってらっしゃい、と声を掛けてくれました。ほのぼの系路麺ですね。ごちそうさまでした。



昼総合点★★★☆☆ 3.1



関連ランキング:うどん | はるひ野駅黒川駅小田急永山駅






この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。