2015年12月08日

山田屋〔千束〕



浅草大鳥神社の北側、国際通り西徳寺交差点を東に入ってすぐ右側「山田屋」天ぷらきしめん360円をずずずずっっっっ。

土曜日のお昼時に立ち寄ると、す、すごい超満員。L字型の十席ほどのカウンター席がびっしり埋まり、壁側のカウンター席とテーブルも満杯。一瞬茫然としてしまいましたが、席があくまでメニューを眺め、と思ったらこれまたずらりと短冊が並んでいてびっくり。かけそば280円にはじまり、天ぷらそばから人参春菊なすごぼう、ちくわにあじ天ソーセージ、カレーに肉にえび天と、30種類ほどの種物系メニューがずらりと書かれていて壮観。これまた一瞬茫然としてしまいましたが、あえて「天ぷらそば」(だって、天ぷらそばって、何の天ぷらだかわからないじゃないですか)と書かれている天ぷらそばをオーダ。ふと見るときしめん、細うどんもできると書かれていたので、あわててきしめんに訂正させてもらいます。

カウンターの中とその奥では、4人の超ベテラン店員さんがてんやわんや。実際かなり混乱をきたしているようにも見えるのに、不思議とオーダーは全く間違えていないところが不思議。どうやら天ぷらは奥で都度揚げているらしく、どんどん新しい天ぷらが出てきてはトッピングされたり別皿に盛られたりと手際が良い。そうそう、どうやらここの天ぷらは別盛りができるらしい。あと、他のお客さんのオーダを聞いてると、ライスの注文もかなり多いよう。

とはいえ、これだけお客さんも多いので、しばらく待って天ぷらきしめん完成。ちゃんとオーダした人の顔を覚えていて「そこのお兄さんのね」と声がかかります。ではいただきます。おっと、甘さ抑え目の醤油系の汁に鰹系の出汁がしっかりきいています。これにちゅるんとしたきしめんがよくあいます。そして天ぷら、玉ねぎと人参、これにアミが入ってるらしく、香ばしい。いや、それだけでなく、揚げたてということもあるけれど、油の状態がいいからか実においしく仕上がったかき揚げです。これはいいですねぇ、天ぷらだけをおみやげで持って帰って、酒のアテにしたいかも。

ハフハフとかきこんであっというまに完食。ガテン系なお兄さんが多いですが、いかにも地元の方という雰囲気の女性や子連れのお父さんもいます。常連さんには「いつものでいいの?」と聞いたり、男性には「お兄さん」と呼びかけたりと、丼を返すと「おまたせしてすみませんでしたね」とベテランおねえさま方の気さくな言葉も気持ちいい。。いえいえ、これだけ安くて美味しければ、お客さんもどっと押し寄せてこようというもの、これくらい待っても食べたいというのも当然でしょう。ごちそうさまでした。



関連ランキング:そば(蕎麦) | 三ノ輪駅入谷駅三ノ輪橋駅




posted by kennny at 12:00| Comment(0) | 台東区・墨田区・荒川区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。