2015年09月01日

Always SO-BA〔分倍河原〕



分倍河原駅改札を出て左へ、すぐ右側「Always SO-BA」天ぷらそば510円をずずずずっっっっ。
外見がなかなか不思議、というか斬新すぎ。コンクリート打ちっぱなしの外壁の脇に盆栽風のロゴマーク入り店名サイン。暖簾ではなく壁で肩より上が見えない構造になっていて、立って食べている人の背中は見えます(後で知りましたが、この店舗設計はまだ若い店主さんが考えたのだとか)が、お昼過ぎで先客は3人ほど。では少しかがんで入ってみましょうか。

右側に券売機があり、上部の大きなボタンに温かい鶏蕎麦、冷たい肉蕎麦各780円があります。ふむふむなるほど。その下の普通サイズのボタンに天ぷらそば510円を見つけて、これをポチッと。スペースを確保し食券を提出して待ちます。先客の分の調理中だったので、提供まで4、5分ほど。厨房もほぼ丸見え、麺は中西製麺のようです。BGMはアジアンポップ。

箸はリターナブルと割り箸と両方用意され、割り箸も最低ランクではなく丸く削られたきちんとしたもの。このあたりにも店主さんのポリシーを感じます。さて、麺自体は中西製麺製のやや中細タイプ、あまり特別感はありませんが、きちんと加熱され口当たりやのどごしもよし。汁はベタベタやしつこさはないものの少々甘め、これはおそらく他のメニューを意識したものになっているからでしょう。天ぷらは玉ねぎとニンジン、それに時折口に感じるゲソがいい味を出しています。コロモ薄めの揚げたて、始めサックリ徐々に汁に溶けていきます。机の上には、細長く刻まれたいいネギと天かすに加えて、生卵も無料サービス。ネギはこまめに追加されるなど鮮度にもかなり気を配られているよう。天ぷらそば510円というと路麺としては少々高めの設定ながら、実質天玉そばということで、ちゃんと手をかけられた内容です。

メニューはほかに、かけ390円から。海苔もり、胡麻もりの温冷各650円(天ぷらよりもかなり高い)、牛肉コロッケやちくわ天、ナスと長ネギのかき揚げなんていうメニューも。他のお客さんの多くは鶏そばを召し上がっていて、胡麻と刻み海苔が大量にトッピングされたそれはなるほどこれは最近良く見る港屋に発したメニューではありますが、これだけをもってこのお店全体が港屋インスパイアというのは無理があります。最近ではこのメニューを提供されるお店も多いですし、港屋インスパイアというのならばかけそば等も提供せず麺の質が全く違うはず。

またすぐ目の前に立来という路麺店があるので、同じような路麺店を出店しても意味がありません。路麺の裾野を広げようとすれば、こういう既存の路麺店と違うコンセプトで出店するのが当然でしょう。店内に熱気がこもりがちなど少々気になる点もありましたが、意欲的なお店として応援したいと思います。アヴァンギャルドに見えて、路麺への愛情がひしひしと伝わってきました。ごちそうさまでした。

オールウェイズソバ

昼総合点★★★☆☆ 3.4



関連ランキング:そば(蕎麦) | 分倍河原駅府中本町駅西府駅




この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。