2015年09月01日

陶そば〔銀座〕

銀座六丁目、外堀通りより一本線路側の道から小路を入る「陶そば」天ぷらそば800円をずずずずっっっっ。
銀座は華やかな表通りもおもしろいけれど、あちこちにある路地もなかなかに魅力的。泰明小学校近くの路地の入口に、不意に見かける「立ち食いそば」の幟につい足を踏み入れてみると、カウンター5席のみの小さなお店にたどり着きます。ちょうど1席だけあいていたのでおじゃまさせていただきました。ちなみに奥のお客さんは着物の女性連れの男性、ご同伴かしら☆

路麺店ではあるものの、バックバーには菊水の辛口とか焼酎とかあるし、明らかにこれは一杯飲みたくなるお店だなぁ。構造は明らかにバーだし。ちなみにメニューにビール(缶)と明記されているのもおもしろい。で実際先客はみなさんお酒を飲んでいたりするし。とはいえ私は諸事情あってノンアルで、ということで一人で切り盛りしている女性店主さんの手が空くタイミングを見て天ぷらそば800円をお願いしました。

しかし、メニューはなかなかユニーク。ボードに書かれているのは、うるめいわしや秋刀魚の塩焼きあたりは驚かないものの、牛カツ、一口ステーキ、それに季節もので松茸フライ。で、実際先客は牛カツを召し上がってたりします。カウンターにはきんぴら(これがお通しになるみたい)、それに柿やリンゴなども。蕎麦はかけ600円から、山芋そば、あさりそばからカレーそば、ステーキそばまで。そして酒とつまみとそばセット1,800円、これがある意味目玉かも。

天ぷらはナスで都度揚げ、蕎麦はおそらく冷凍麺。中細のやや色黒の麺はずずずっとすすりやすい。汁は醤油強めだけれど、甘さも出汁もそれに負けず、全体に濃い目のところでバランスが取れています。これ、そこそこ飲んでからすすったらかなりおいしく感じるだろうなぁ。。

もともと陶カフェというお店だったのが、立ち食いそば店に改装したそう。改装当初はかなりリーズナブルなもっと路麺路麺したお店だったようですが、今は昼はどうなんだろう(昼営業はやめたという噂も聞きましたが)。どんどんお店や営業形態が変わってきてるので、これからもまた変わっていくのかしら。常連さんとのお話の中からも、まだまだ研究意欲旺盛な女性店主さんの姿勢が垣間見えました。次回はセットをいただいてもう少しゆっくりしたいな。ごちそうさまでした。

陶そば

夜総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:そば(蕎麦) | 銀座駅日比谷駅有楽町駅




ラベル:銀座 路地
posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 中央区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。