2015年09月01日

川崎屋〔府中競馬場前〕

 

府中競馬場前駅、改札を降り道を挟んで正面「川崎屋」カレーそば550円をずずずずっっっっ。

路麺が似合う街、というと、ターミナル駅周辺にオフィス街、学生街、工場労働者の多いエリア、タクドラさん相手の幹線道路沿い、などいろいろありますが、忘れちゃいけない鉄火場の近く。ということで、こちらのお店は競馬場駅の目の前。店内は大テーブルが10卓も並び(さらには2階席もある)、少なくとも立ち食いではなく、これを路麺と呼んでいいものかは微妙なところもありますが、お値段と提供の仕方は完全に路麺店。

ある週末の朝、友人と訪れると、7時過ぎというのにすでにお客さんはぽちぽち。ご近所さんと思われる方が焼き魚に味噌汁、小鉢なんて組みあせで朝ごはんを召し上がられてたりもするけれど、この場所ですから、やはり酎ハイあたりを片手にすでにゴキゲンな方がちらほら。あら、オッサンばかりかと思ったら女性も混じってるグループもありますね。ホッピーや焼酎もあります。ビールは場所柄「左は ビール こうじょーうー♪」のサントリー、、、かと思ったら大手三社揃い踏み。

学食か社員食堂のように、かなり広い厨房にそってレーンがあり、ケース内のお皿をとったり、厨房のおじさんおばさんに声をかけてオーダしたり、そしてレーンの最後でお会計というシステム。鉄火場とくればまずは煮込みに酎ハイでしょう。ぐつぐつ火が入っている大鍋から、おばあちゃんが器によそってくれます。ニコニコ現金払いで、テーブルに、友人と朝からカンパーイ。煮込みはもうザ・煮込みという味、いくつかの部位のモツが味噌味でクタッと煮こまれ、もうこれが飲まずにいられようか。友人はキムチやらトマトやら。焼き魚も各種。もちろんメニューは鉄火場にはつきものの「カツ丼」「カツカレー」「カツ煮」も揃ってます。

とは言えここでゆっくりするつもりでもないので、早々に蕎麦を。かけ300円から、天ぷら400円をオーダしようと思ったら、レーンの上の札にかけや天ぷらがない。。おばあちゃんに「お蕎麦のメニューはここに出てるだけ?」と聞くと、わかったのかどうかあやしいけれどそうだとおっしゃいます。まあそれじゃここは素直に、カレーそばでもいただきましょうかね。そして、まさかのその場で渡されるのではなく、紙の札を手渡されて席まで運びますとのこと。

4、5分で丼到着。うん、特にめずらしいところのない、路麺のカレー蕎麦です。ややゴワッとした袋麺は、汁の上にかかったとろりとスパイシーなカレーとよく馴染みます。具材は溶けてしまったようで固形物はほとんどありません。朝酒の軽い酔いにカレーそばはちょうどよく、胃袋を落ち着かせます。

店内ではもちろん大きなスクリーンがあり、各地の競馬場の実況が映しだされています。15時過ぎるとあちこちで悲喜こもごも大変なことになるんだろうな(苦笑)。下膳口にトレイを戻してごちそうさま。今一度表に出てみると、そばうどん専用らしき窓口もありました。こちらだとかけそばとかもあるのかな。でも厨房は共通なので、本当は店内でも食べられたんじゃないか疑惑(笑)、、ごちそうさまでした。

府中 川崎屋

昼総合点★★★☆☆ 3.1



関連ランキング:居酒屋 | 府中競馬正門前駅府中駅府中本町駅




この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。