2015年09月01日

釜家〔白山〕



地下鉄都営三田線、白山駅A3出口すぐ「釜家」天ぷらそば350円をずずずずっっっっ。
個人的にはこの界隈には昔から縁があって、1972年に地下鉄の開業する前の頃の風景もかろうじて記憶に残っています。道は整備されて、商店も新しくなったけれど、こちらのお店がいつごろからあったのかは全く記憶にありません。隣のラーメン店と競っているかのように表の看板は「立喰」「そば」「うどん」「かき揚げ」「名代釜家」と少し派手だけれど、店内に入れば昔から変わっていなそうな雰囲気。少し時間帯をはずして濃紺の暖簾をくぐると、おやじさんはかるく休憩してたようでした。スミマセンネ。。

それでも入口には券売機。一番左上に天ぷらそばのボタン、なるほどやはりウリは天ぷらか(あれ、外の看板はかき揚げだったけど。。)と迷わずポチ。厨房側のカウンター席に座りおやじさんに蕎麦で、と声をかけます。おやじさん、ニコニコと愛想が良い。厨房には天ぷらが揚げ置きされていて、あーちょうどストックが少ないタイミングでした。

ほとんど待たずに丼を手渡されますが、おやじさんの笑顔がいいなぁ。早速ずずずずっっっっ。うん、なんというか昔ながらの路麺の味。陶器の器に入った汁は、黒く甘じょっぱい。麺はこれ冷凍麺かな、やや独特のにちゃりとした食感が残っていて、好き嫌いがわかれるかも。かき揚げ、これはおそらく配送品じゃないかと思いますが、1cm厚の綺麗な円形で海老の風味があり、全体にきれいに空気を含んでいてサックリとした食感です。私こういうタイプの天ぷらきらいじゃないんですが、最近は各店舗で揚げていることが多いからか、こういう味の天ぷらにはなかなか出会わなくなったような。

なんというか、お店の持っている不思議な空気感が、なとも落ち着けます。お店の造作に加えて、おやじさんの持っているお人柄ゆえかもしれません。ごちそうさまでした。

釜家

夜総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:そば(蕎麦) | 白山駅本駒込駅東大前駅




ラベル:白山 路麺 文京区
posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 豊島区・文京区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。