2015年09月01日

そばよし 本店〔三越前〕




昭和通りの江戸橋北交差点近く「そばよし 本店」かけ270円に半ライスをつけて、ずずずずっっっっ。
鰹節問屋さん直営の路麺店として、路麺ファンの間ではつとに有名なお店、マスメディアでも何度も紹介されています。しかし以前京橋店で食べた時には、そこまで絶賛される一杯かな?と思ったのが正直なところ。そういえば本店にはまだ行ってなかったっけ、と思い出して立ち寄ってみました。

平日19時、まさかの行列。ぎりぎり店内で収まっていたもののこれにはちょっとびっくり。しかももう一つびっくりしたのはOLさん比率が高い。半分とまでは行かないけれど3割以上は確実、それも年齢層を問わず、お一人様も多し。男性はワイシャツ/スーツ率が9割くらいでしょうか。おそらく、残業のための腹ごしらえのためにいらっしゃってるようです。

券売機の前でふと困惑。天ぷら類がどうやら品切れのようで、季節限定の穴子はおろか野菜天やかき揚げまで終ってしまってるではないか。まあでも仕方がない、ここはいっそシンプルにかけを行きましょうか、あと忘れちゃいけない半ライス。行列はできているけれど、先に半券を厨房に渡してから列の後ろに並ぶというシステムになっています。

名札に「店長」と入っているベテランお姉さんから丼を受け取るまで7、8分。ネギは入れますか?にはいらないですと即答。個人的にはネギは蕎麦や出汁の香りを邪魔するので不要と思ってるので、こうして一言確認してくれるのは嬉しい(まあ路麺の場合は、ネギを入れて味をごまかすという意味合いもありますけどね)。櫛型配置の椅子席まで狭い店内を移動して、いただきます。まずはかけを。そしてかけ出汁を一口。うん、これは京橋店でいただいた時と同様、力強いカツオの風味は強く主張しつつエグミや刺々しさはギリギリ出ていません。このあたりはさすが鰹節問屋さん直営の面目躍如。あらためて、このかけ汁にはネギは不要と強く感じた次第。一方麺も生そばから茹で上げているだけあって、路麺とはいえ蕎麦のかおりがしっかり感じられます。細麺でコシもきちんとあり、麺だけ食べても美味しい。麺に関しては京橋店より本店のほうが数段上のように感じます。そして麺の風味を出汁の風味が邪魔をしないのがまた驚き。このかけ(そば)270円は路麺という点を考えても相当すばらしい。

ある程度そばを食べ進んでから、半ライス。小瓶に入った鰹節粉をふりかけ、醤油を数滴垂らします。が、意外と粉がなかなか出ない(苦笑)。まあかけ過ぎるよりはいいので、少しづつ足していく作戦に。醤油も軽く振って一滴出る程度、これもちょうどいい。鰹節粉に白いお米、これはもうおいしくないわけがありません。しかし、これに生卵があればさらに最高だったな、、次回は是非試さなくては。

半ライス+鰹節が美味しいとはいえ、かけの完成度はそれ以上に驚きました。季節の限定メニューなどもあるけれど、出汁と蕎麦の組み合わせを楽しむのならば余計なトッピングはないほうが存分に楽しめるでしょう。しかもかけに半ライスで350円、なるほどOLさんも押しかけるわけです(結局隅の席で3方をOLさんに囲まれて食べてました-汗)。混んでいるし狭いので、ゆっくりするどころか落ち着いて食べられないという状況ではありますが、まあそこは仕方がない。ちなみに箸は卓上にリターナブル箸が用意されていますが、割り箸がいいという人は丼を受け取るときに一緒に持ってきましょう(これは京橋店も同じシステム)。ごちそうさまでした。

そばよし

夜総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:立ち食いそば | 三越前駅日本橋駅新日本橋駅




posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 中央区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。