2015年09月01日

ごん兵衛〔鶴見区駒岡〕



横浜トレッサ近く、環2駒岡交差点から二ツ池方面に入って左側「ごん兵衛」天ぷらうどん250円をずずずずっっっっ。

一説によれば「鶴見系」発祥のお店だとか。駅からは離れているし(しいて言えば大倉山駅から徒歩30分くらい)、回りに商店もほとんどない住宅が点在している道沿いにぽつんとある路麺店。看板が大きく出ているわけでもなく、ひさしに「立喰い そば・うどん」とわざと目立たにようにしてるのかと思うくらいの大きさで書かれているだけ。なんとも不思議なロケーションなんだけれど、営業時間中は入れ替わりお客さんが絶えないという。。斜向かいにある駐車場もたいていいっぱいです。

かけそば/うどんが190円、天ぷらやちくわ、コロッケが50円という激安。白身フライ、アジフライ100円というトッピングも特徴があります。蕎麦にフライもの、ライスなどを組み合わせたセットが500円前後とリーズナブル。厨房を囲むL字型の簡素な椅子のカウンターと、テーブル席が少々。お客さんは入ってくるなりまず、蕎麦かうどんか・大盛かどうかを告げ、丼を受け取る直前にトッピング類を告げるという独特の注文システムになっていますが(なんとなくラーメン二郎を髣髴とさせる)、来るお客さんみなそうしているので、極めて常連さん率が高いと言えます。

ということで、私の注文も待つこと無くほぼ丼を受け取り、カウンターの端の席でいただきます。鶴見系らしく、醤油はかなり控え目で昆布の出汁中心に調味料などで味を整えられているのでしょう。そうそう、このかけ汁だから今回はうどんをいただくことにしたのです。蕎麦よりもうどんの方があいますね、この汁は。やや平たいうどんは、加熱するのにも早く、手繰るのもさっといただけます。麺はすぐ近所の大門ソフトめん製らしい。天ぷら、というかかき揚げは、若干のネギがほぼ小麦粉の塊状態で、汁を吸ってどんどん崩れていくタイプ。これもある意味典型的な路麺の天ぷら。

横浜北部や川崎東部には意外と路麺店が多いのですが、その中でも安早旨そして謎のロケーションといい際立ったものがあります。路麺原理主義的には見逃せないお店、路麺ファンを自称するなら是非いらっしゃってみてください。ごちそうさまでした。

ごん兵衛

昼総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:そば(蕎麦) | 大倉山駅








ラベル:鶴見 横浜 路麺
posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 神奈川県横浜市 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。