2015年09月01日

ういーん〔鶴見〕



鶴見駅東口、駅前広場斜め左前「ういーん」天ぷらそば340円をずずずずっっっっ。
路麺店にしてはあまりに意表をついた店名。うぃーんでもウィーンでもなくういーん。その由縁は はまれぽ http://hamarepo.com/story.php?story_id=1935 が取材されているのでご覧いただくとして、そういえば40年もこの場所で営業されているのに立ち寄ることがなかったと思い出しておじゃましてみました。駅前広場に面しているので迷うことはありません。ややはずれた時間帯に訪れましたが、お客さんはけっこういらっしゃってますね。

厨房と客席(椅子はないけれど)が斜めに仕切らている、なかなかユニークな構造。入って左側の券売機で天ぷらそば/うどん340円をポチッと押すと、プラスチックの色札がカランと落ちてきます。すかさず後ろから店員のおじさんが「そばでよろしいですか?」と確認。おそばで、と返事をして、お店の正反対側にある冷水器に向かいます(動線が悪いなぁ^^;)

さて、いただきましょう。丼の中央に天ぷらが、その上にネギがこんもりと盛られています。ややもっさりした麺は、コシはほとんど無いもののブツブツと切れることもなく、ずずっとすすると喉元を軽く刺激して胃袋に落ちていきます。これは伸びているのではなく初めからコシは無い麺ですね。色黒の汁は醤油分はあまり強く感じず、その分節系の出汁の風味が若干前に出ています。おや、と思ってもう一口すすると、今度は醤油を感じます。むむ、なかなか不思議な味わい。天ぷらはニンジンと玉ねぎが多め、揚げ置きですが重くはなく、やや薄めの汁とも喧嘩しません。

味は穏やかだしあまり強い個性は無いけれど、この場所でこのお値段でさっと食べられるというメリットは、界隈に多い工場の関係の方などにも重宝されているのでしょう。駅前の再開発でも生き残りましたし、ういーんはいつもういーん、いつまでもういーんでありますように。ごちそうさまでした。

ういーん

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:立ち食いそば | 京急鶴見駅鶴見駅国道駅




posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 神奈川県横浜市 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。