2015年09月01日

おぎのや 軽井沢駅売店



軽井沢駅、しなの鉄道改札脇「おぎのや 軽井沢駅売店」天ぷらそば470円をずずずずっっっっ。
「駅そば発祥の地」という張り紙があるこちらのお店。駅そばの始まりについてはいくつかの説もあるようですが、軽井沢駅では明治30年代には駅そば店があったようです。念のため、おぎのや軽井沢店が出店したのは1980年とのことで、このお店イコール駅そば一号店、というわけではありません(もともとおぎのやさんは群馬県の会社ですしね)が、とはいえ路麺ファン/駅そばファンとしては敬意を表してまずはいただいてみるべきでしょう。

改札脇の小さな店舗は、改札の内側と外側の両方からオーダー可能。改札内側には跨線橋上の椅子も使えますが、外側は椅子なし、横に4人も並べば満員という狭さ。女性店員さんが一人であっちを向いたりこっちを向いたりと忙しそうに調理しています。メニューはかけそば/うどんが370円、山菜420円、天ぷら470円と駅そばとしてはやや高め。ただ山菜がかけ+50円というのはちょっと安い値付のように見えます。メニューは他におにぎりなどとシンプルですが、おにぎりにねぎみそという具があるのがちょっと信州っぽいと感じたりして。

天ぷらそばを紙の帽子をかぶった女性店員さんにオーダ。生めんを湯がくので3分ほどお待ちください、とのこと。袋の麺を取り出してテボに投入、汁は出汁とカエシか、それとも濃縮つゆとお湯か?をその場で合わせてますね。よどみない作業はみごとで、予告どおりほぼ3分ほどで丼が渡されます。

では早速ずずずずっっっっ。おや、駅そばとしてはなかなか美味しいじゃないですか。麺はわずかにアルデンテ気味でぼそっとした部分はあるものの、蕎麦の風味も感じられる(駅そばとしては)上質のもの。目の前で合わせた汁は醤油が煮詰まったり出汁が飛んでしまったりということもなく、透明感が保たれていて穏やかでスッキリとしていて、悪くありません。

天ぷら、これは厨房を考えたら当然ここで揚げているわけではないのでしょうけれど、小麦主体のかき揚げはニンジンやねぎの他にしいたけが入っているのがちょっとめずらしい。サックリとはしていませんが、油で重いこともなく、どっぷり汁に沈めていただいちゃいましょう。

全体に、パンチのある味というよりはわりとそっけない、けれど意外とていねいに作られた一杯と感じました。冬に横川駅で食べた駅そばとは少々違う印象でしたが、季節の違いで私の感じ方が違ったのかもしれません。素朴な横川駅の一杯もよし、新幹線駅脇にちょこっとある軽井沢駅の一杯もよし。ごちそうさまでした。

おぎのや 軽井沢駅売店

昼総合点★★★☆☆ 3.1



関連ランキング:立ち食いそば | 軽井沢駅




posted by kennny at 00:00| Comment(0) | その他エリア | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。