2015年09月01日

五味酉〔鶴見〕



鶴見駅東口、駅前広場右手のビル1階「五味酉」天ぷらそば350円をずずずずっっっっ。
ディープな路麺ファンの間では「鶴見系」という立ち食いそば店のカテゴリーがありまして。特徴は
 ・安価
 ・色の薄い汁
 ・出汁は昆布中心
 ・揚げ物豊富、白身フライがあることが多い
といったところでしょうか。鶴見区内にこういう特徴のある路麺店が数店舗あるのを確認しています。

それにしても鶴見駅前もずいぶん綺麗に変わっちゃったなぁ、と久しぶりに立ち降りた感想。広場左手には路麺店ういーん、右手には五味酉、両店とも古くから駅前にあったお店です。この日はなんとなく立派なビルの1階におさまった五味酉に足が向きました。

ということで、こちらはかけそば・かけうどんが250円。天ぷらそばで350円という値付け。以前よりちょっと値上げされ(ビルに入っちゃったからかな)驚くような安さではなくなったけれど、まずまず安い方でしょう。券売機はなく、直接厨房のお姉さんに注文。L字型のカウンターに陣取り、待つこと1、2分で丼到着。麺もかき揚げも実にオーソドックスな路麺スタイル。ですが、先述の鶴見系の特徴どおり、色が薄く出汁もカツオの風味ではない、つまり醤油味というよりは塩味に近いというあたりが、都内の路麺店とは全く異なります。

朝5時から20時までという営業時間、ビールを置いてあることなどからも、このお店が勤務時間が不規則な臨海地区の工場ワーカーを客層に想定していることが想像できます(ういーんも同様の理由で路麺営業してると聞きましたし)。醤油薄めで塩のたつ味というのも、もしかしたら全国から集った労働者を想定しての味、というのは深読みのし過ぎかな。ごちそうさまでした。

五味酉

昼総合点★★☆☆☆ 2.8



関連ランキング:そば(蕎麦) | 京急鶴見駅鶴見駅国道駅




posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 神奈川県横浜市 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。