2015年09月01日

万葉そば つつじヶ丘店



京王線つつじヶ丘駅北口広場に面した「万葉そば つつじヶ丘店」かき揚げそば440円をずずずずっっっっ。
実は万葉そばにはあまりいい印象がなくてですね、というのも、保谷で同名のお店に入った時に、蕎麦が10cmほどの長さしかなく全く手繰れなかったというトラウマがいつも脳裏をよぎるのです。しかし、あらためてグーグル先生に教えを乞うたら、万葉そばってなんとレストラン京王の経営なんですね(それにしてはなぜ保谷に店舗出店してるのかは謎ですが)。レストラン京王といえば、私がお世話になっているカレーのC&C。保谷店がたまたま悪いタイミングにあたってしまっただけかもしれない、とリベンジの期待を込めてつつじヶ丘店に立ち寄りました。

駅前広場に面した新しい建物は、予想ほど広くはありません。入口の券売機で一瞬野菜天そば490円に気を引かれながらも、初志貫徹のかき揚げそば440円。レストラン京王ですから、交通系ICカードが使えて便利。食券を奥の厨房に出すと、番号札を渡されるので席を確保して待ちます。都度茹で都度揚げということで5分弱で番号を呼ばれて受け取りに。

さっそくずずずずっっっっ。ホシが散っている麺はわずかに扁平、店内製麺とのことですが少々太さにばらつきがあるのがおもしろい(どこの製麺機を使ってるんだろう)。すすってみると穀物の風味も感じます。ダークブラウンの汁は濃いめながら透明感を失わっておらず、こんぶ出汁もカエシも強めでやや甘さが目立つように感じました。揚げたてのかき揚げは小麦粉分が少なめ、しゃきっとした食感を残した玉ねぎやニンジンの味わいが秀逸で、油の鮮度もよく路麺店としてはトップクラスの出来ではないでしょうか。

下膳口の脇に、そば湯と鰹出汁のポットがあるのがめずらしい。新しく綺麗だからか、路麺店にありがちなオッサンの姿だけではなく、ご年輩のご夫婦(多分)や若い女性の姿もちらほら。朝は朝メニュー、15時からはおつまみメニューもあるので、いろいろな使い方ができそうです。この麺ならば冷たい蕎麦も良さそうだし、揚げもののレベルもいいので、次に訪れる際は野菜天そば(冷)にしようかな。冷やしの天ぷら系は、できがシビアにわかるからなかなかオーダしないんですよ ^^; 少なくとも保谷の同名店での悪印象をみごとに覆してくれました。ごちそうさまでした。

万葉そば つつじヶ丘店

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:立ち食いそば | つつじケ丘駅柴崎駅仙川駅




この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。