2015年09月01日

十割蕎麦 さ竹〔新宿 路麺〕

 

新宿駅南口、甲州街道のヤマダ電器側を進んでかつやの隣「十割蕎麦 さ竹」天ぷらそば430円をずずずずっっっっ。
ある日、友人がいかにも路麺という写真を某所にアップしていて、そのトッピングのレイアウトから「嵯峨谷?」と聞いたら、違う、こちらのお店だとのこと。おお、もう開店したのね、ということで私も早々におじゃましてみることにしました。

入口に製粉器が鎮座、なるほどこれも嵯峨谷風、というかおそらく相当嵯峨谷を意識されてると見ました(一説にはプロデュースが同一という噂も)。その向かいに券売機が2台。もり系にしようかとも思いましたが、生野菜など気になるメニューもあり、少々考えて天ぷらそばに。奥の注文口に「温かい蕎麦で」と声をかけます。注文されてから蕎麦の塊を製麺器に投入(以下は見えないので想像ですが)、製麺されたものをそのまま茹でます。一方油鍋ではかき揚げを準備するジャーという音。(おそらくランチタイムの混雑時以外は)都度調理のようです。

完成まで3分ほど、カウンターで受け取っていただきます。むむ、ちょっとかけ汁が少なめかな。蕎麦はやや平打ち、表面は少しざらついていますがのどごしはまずまず。うむ、このあたりも嵯峨谷とほぼ同一。無化調という汁は、たしかに味の引っかかりはなく喉が乾いたりはしませんが、深みや味わいには欠けます。かき揚げ、これは玉ねぎやニンジンなどの野菜の鮮度がいい上、油も軽めでなかなか秀逸。箸を入れるとさくっとバラバラに崩れるのも私の好み。

メニューを見るとプレミアムモルツ150円、冷や麦、こだわりまぐろ丼などの文字もあります。いろいろな意味で嵯峨谷に似ているし、それを超えているかというと少々微妙なところです。ただ、野菜の鮮度がいいだけに生野菜というメニューはちょっと興味があるところ。今度訪れたら、もりに生野菜をいただいてみましょうかね。あ、あと冷や麦も。ごちそうさまでした。

(ここまで2015/4開業早々)<<<<<<<

>>>>>>

その後、何回か訪問。個人的には蕎麦とサラダの朝定食390円が一番ヒット。立ち食いそばだけどどうしても野菜が不足しがち、そこに鮮度のいいサラダがつくのはかなり嬉しい。そばは温冷選べるけれど、寒い日でなければ(嵯峨谷同様)冷がおすすめ。

さ竹 新宿店

昼総合点★★★☆☆ 3.4



関連ランキング:そば(蕎麦) | 新宿駅都庁前駅南新宿駅




ラベル:蕎麦 十割 路麺
posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 新宿区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。