2015年09月01日

吾妻屋〔蕨〕



京浜東北線蕨駅東口、正面の道を進んですぐ左側「吾妻屋」天ぷらそば350円をずずずっっっ。蕨駅は改札脇にJRE系路麺店があるほか、西口に山形屋(注 最近お店が変わったような??)、東口に当店と、路麺店がやや乱立気味ですが、その中でもこちらのお店は6:30から25:00までのロングラン営業。東口の駅前広場はタクシーでいっぱい、バスのりばは交差点の先なので、このお店の前も相当の人が通り過ぎていきます。

入口脇に券売機。券売機は省力化に加えて衛生面からもスグレモノではあるのですが、券売機が苦手な人が多いことを意識してか、券売機の上にメニューボタンの場所を示す大きな表示があるのが特徴。なるほど、ではそれを確かめながら天ぷらそばをポチ。メニューは蕎麦・うどんのほか丼もの、セットメニューもある実直的なもの。L字形のカウンターのみの店内、椅子もない最近では少なくなりつつある完全立ち食い、店内は男性店員さん2人が手際よく調理されています。

まもなく天ぷらそば到着。おお、久しぶりのまっくろくろすけだ。関西出身の方が見たら激怒しそうな色と醤油の香り。麺より先に出汁をすすってみると、見てのとおりの醤油ガツンですが、それを支えるかけ出汁もおそらく鰹や鯖など強く煮出されてるようです。麺はやわやわ系、こういうガツンとしたかけ出汁にはコシのあるしゃきっとした麺なんて合わないですよ、こうでなきゃ。しかし、トッピングされている鮮緑のシャキシャキとしたネギが、くどくなりそうなかけ出汁をぎりぎりのところで押さえ込んでいます。もこっとしたかき揚げも、予想どおり黒い汁にとけていくタイプ。

都内なら下町系に多い、ガツンとした路麺が埼玉でもいただけるとは思いませんでした。私はいっぱいいただけば満腹ですが、この濃い醤油味ならばどんぶり飯もかきこみたくなる気持ちもわかります。ごちそうさまでした。

立喰そば吾妻屋

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:そば(蕎麦) | 蕨駅





ラベル:路麺
posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 埼玉県東部 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。