2015年09月01日

めん処いっぷく〔南浦和〕



南浦和駅構内、「めん処いっぷく南浦和店」かき揚げそば400円をずずずずっっっっ。
日中は10分間隔だけれど、夜になると少々間隔が長くなる武蔵野線。開業当初の、貨物列車の合間に旅客列車が40分おきに走る頃を知ってるからまだそう気にはならないけれど、それでも寒い季節に夜風の吹くホームで電車を待つのはなぁ、、と連絡通路で待とうとすると、嫌がおうにも目に入るのがこちらの立ち食いそば。この時間でも、立食オンリーのカウンターの隙間がないほどのお客さんが蕎麦をすすってます。ある意味駅の風物詩といってもいいかも。そう、寒い冬の夜だと、漂ってくる醤油のにおいと湯気がたまらんのですよ。ああ、せっかく〆の炭水化物を我慢したのに、ここで心が折れるとは(笑)

店内のオバチャンの手際の良さはみごと。こうでないと、乗換駅構内の店員さんは務まりませんね。あっという間に完成してものの5分で蕎麦をすすり、下膳口へGO。味?そんなものを気にしちゃいけません。乗換駅構内の立ち食いそば、それ以上でもそれ以下でもありません。味もお値段も接客も。でも、ここは武蔵野線ユーザーのオアシス、東京砂漠(若い人は口ポカンだろうなぁ)の中の泉なのです。ごちそうさまでした。

PS こちらのお店は、2015/9/30を以って閉店しました。工事の後、再度路麺店が入るとイイのですが。。

めん処 一ぷく

夜総合点★★☆☆☆ 2.8

昼総合点★★☆☆☆ 2.8



関連ランキング:そば(蕎麦) | 南浦和駅




ラベル:南浦和 路麺
posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 埼玉県東部 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。