2014年09月01日

星のうどん〔横浜〕



相鉄線横浜駅構内「星のうどん」天玉うどん420円をずずずずっっっっ。
路麺というよりは、エキナカ立ち食い店。立ち食いそば/うどん好きにはずいぶん昔から「横浜に星のうどんあり」と知られていました。が、リニューアル工事でしばらく営業を中止と聞いたのは2008年。年内にリニューアルしたとは聞いていましたが、なかなか訪れる機械がなく、数年経ってようやく訪れることが出来ました。ちなみに隣には同じ経営のカフェカリオカがあります。星のうどんは完全立ち食い店ですので、座って食事がしたければカフェへ。

入口の券売機で、少々悩みます。一番左上に天玉うどん430円、その下に野菜天うどん370円。迷いつつも、左上の法則に倣い天玉うどん430円をポチ。これを厨房のカウンターに持って行きます。厨房の中では、麺がどんどん茹でられ、若干フライングして茹で上がったものがスタンバイ。かき揚げも同様。エキナカ店ですから、早く提供することが命なのです。セルフで水を汲み、1分少々で丼完成。「サービスでワカメをのせますが?」と尋ねられたので、もちろんお願いしましょう。

かけ出汁が透き通ってますね。この汁は鰹や鯖節、それに昆布が中心だと思うけれど、何かが突出したりすることがなく、なかなか旨いです。個人的にははなまるや丸亀といったチェーン店よりも好き。すっきり系が好みならしょうがを足すといいでしょう。店内で製麺しているという麺は、茹で置きながらプリッとした食感が少し残っていて、ただしのどごしつるつるのほうが印象的かな。お店としては「讃岐のうどんに博多のつゆを組み合わせ」とのこと、なるほどそのポリシーは丼に反映されています。だから讃岐うどんでも博多のうどんでも、まして関西のうどんでもないオリジナルな味。天ぷらはふにゃふにゃで正直あまり出来は良くないけれど、まあ立ち食いと思えばこんなものでしょう。

最近はお手頃なチェーン系セルフうどん店も増えてきて以前ほど大きなリードはなくなってしまったけど、それでも路麺店としてはなかなかのレベルの一杯かと思います。ちなみに、エキナカのお店ですが、ジョイナス(駅ビル)側にも立ち食いスペースがあるので、相鉄を利用しなくてもこちらのうどんをいただくことができます。以前は、改札で「うどんを食べに行きます」というと通してくれたようですが、さすがに今はなくなっちゃんだろうな。ごちそうさまでした。

星のうどん

夜総合点★★★☆☆ 3.4

昼総合点★★★☆☆ 3.4



関連ランキング:うどん | 横浜駅平沼橋駅新高島駅




posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 神奈川県横浜市 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。