2014年09月01日

一休〔稲城長沼〕



川崎街道と稲城大橋の道路がぶつかる東長沼陸橋交差点脇「一休」かき揚げそば500円をずずずずっっっ。
数年間、稲城に住んでたことがあって、界隈の飲食店はひととおり知っていましたが、こちらのお店も当時からあったはず。こちらのお店は川崎街道という大通り沿いにあって、早朝から昼すぎまでという営業。久しぶりに早朝にここを通りかかることがあって、立ち寄ってみました。建物はバラックのような感じで、幟が出ていないととてもお店には見えません。たしか以前よりも位置が西側に移ったような気がします。駐車場は交差点側に2台ほど停められます。

カウンター席数席のみ、入り口は開け放たれていて、先客が2名ほどいらっしゃいます。厨房の中ではご夫婦でしょうか、お二人で切り盛りされてるよう。奥様は常連さんらしき近所の方と世間話中。さて、何をたのもうか、と壁を見ると、いろいろと書かれていてひと通り目を通すのもなかなかたいへん。ただ、要は蕎麦/うどん並300円、おおもり(1.5玉)400円、とくもり(2玉)500円がベースで、トッピング類には50円、100円、150円、200円のゾーン別で、それぞれぱっと考えつきそうなものはひととおり書かれています。メンチ、白菜漬け、キムチ、汁おかわりなんてものまでありますね。天ぷらに限っても、玉ねぎ、春菊、ちくわ、舞茸、ニンジン、なす、ゴボウ、ソーセージなどが大皿に待機中。これは迷いますねぇ、、こういう時にはかき揚げをいただきましょう。あ、オーダーしてから気づきましたが、かき揚げは200円、高めでしたね。

ご主人、半生麺でしょうか、蕎麦をサッとゆがいて、かけ出汁をはり、かき揚げをひょいと摘んでネギをちらし、出来上がり。お代は引き換え払い。さて、いただきましょう。揚げ置きですからかき揚げはしんなりしているわけで、少々油と小麦分が重めなのは否めませんが、イカ?に海老にベビーホタテまで入ってます。なるほど、これは200円の値付けも納得です。蕎麦は、ややちぎれがちであまり味はせず。かけ出汁は醤油濃い色をしてますが、出汁をきちんととられているのに、それらが単独主張せずにバランスがよく、塩辛くは感じません。朝からいただいてもするすると胃袋に落ちていくかけ出汁です。

今回はいただきませんでしたが、ご飯は新潟産こしひかりを使用とのこと。麺を食べ終わってほっとしていると、窓の向こうに高架の上を走る南武線が見えました。以前おじゃました時は、まだ斜め上ではなく、地上をがたごとと走り去っていったはず。あたりの梨園も少しづつ少なくなって住宅地に変わっていっているようです。もう数年経つとこのあたりはどうなっちゃうんだろうな。その時にこのお店は残ってるんだろうか。。ごちそうさまでした。

一休

昼総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:そば(蕎麦) | 稲城長沼駅稲城駅






この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。