2014年09月01日

立ち食いそば わがまま〔分倍河原〕



甲州街道の美好町二丁目交差点近く「立ち食いそば わがまま」天ぷらそば380円をずずずずっっっっ。
分倍河原駅近くには、北に東芝、西に日本電気と大きな工場が2つ。こちらのお店があるのは、その2つの工場の間、やや東芝寄り。通称東芝南門通り沿い、ラーメンのふくみみから比較的近く、美好湯の南側というと分かる人にはわかるでしょうか。つまり鉄道駅からはかなり離れた場所にあるのです。朝から夜まで営業しているこちらのお店、当然お客さんは近所の方、それもおそらく上記の工場または関連の会社の独身男性やご年輩の方が多いようです。

とある週末のブランチの時間帯に訪れました。コの字方のカウンターは、半分が立食席で、もう半分は椅子席。厨房ではご夫婦でしょうか、奥さんが先客の話し相手になっています。先客の前にはすでにビール瓶、あら羨ましい。アテにしてるのはサラダ、というのはちょっとおもしろい。

さっと立ち食いそばをすするつもりでしたが、他にもお昼の定食メニューや、ちょっとした酒肴まで、いろいろ用意があるようです。目移りする前に天ぷらそば、とご主人に声をかけると「はい、どうせだからゆっくりしてってください」と椅子席に来るように促してくれます。その言葉遣いの、とてもやさしいこと。(私には田舎はありませんが)田舎のおやじさんが、せっかく来たんだからくつろいでいきな、と言ってくれてるような。ああ、これ、地方から働きに来ている若いお兄さんとかなら、この雰囲気にころりときちゃうだろうな。

蕎麦は一旦湯がいて提供。食感からすると、冷凍麺かしら。澄んだお出汁も、派手さはないけれど塩気が強すぎない。天ぷらは一度揚げておいたのを油に通してるようです。美味い、という蕎麦じゃないけれど、毎日食べても飽きないような味。

お代380円を払って、ごちそうさま。けしてきれいなお店でも美味しいお店でもないんだけれど、なんというか居心地がいいお店。ここには、きっとこういうお店が必要なんだろうな、と思うのです。

立喰いそば わがまま

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:そば・うどん・麺類(その他) | 分倍河原駅西府駅府中本町駅




この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。