2014年09月01日

門屋〔路麺〕



府中市内、品川街道の府中九中南交差点から少し西へ「門屋」かけ(そば)400円にかき揚げ150をトッピングしてずずずずっっっっ。
多磨霊園駅から歩くと7、8分かかるでしょうか。多摩川の河岸段丘を下り、品川街道が整備された頃にはすでにここで営業していたように記憶してますが、はたしてどうだったか。道路沿いは飲食店もいくつかありますが、道と住宅の間に畑がぽつぽつ見えるあたりにこちらのお店があります。お店と行っても、失礼ながら街道沿いのバラック小屋にしか見えません。脇の駐車場に車を停めてお店に向かいます。

入り口脇に、まさかの券売機。それも、なんとも味のある器械。かけ(そば)と揚げものをぽちっと押して、食券を取って店内へ。けして綺麗とは言えない店内を見ながら、建物の脇に露天スペースがあったんだ、と思い出して、厨房の中の女将さんに食券を渡しながら、外でね、と言い添えました。ちなみに揚げものチケットはかき揚げをお願いしましたが、鶏唐やイカゲソ、春菊、もちなどいろいろな選択肢があるようです。・

蕎麦もかき揚げも、オーダが入ってから茹でるようです。しかしそれでもものの2、3分とスピーディに到着。でだいただきます。蕎麦は蒸し麺の再加熱でしょうか、量はやや多めということ以外はあまり特筆することはないか。かけ出汁はあまり特徴はないものの、色黒で味が強いかと思いきいや尖らずすっきりと飲めてしまうタイプ。デフォルトでわかめが添えられていて、アクセントにはいいかんじです。よかったのはかき揚げ。玉ねぎ主体の家庭的な一品ですが、コロモが重すぎずさくっと揚がっていて、だんだんかけ出汁に油が溶け出し崩れてきてもグズグズになりすぎず。150円とやや高めながらしっかりしているかき揚げです。

さすがにこの場所は常連さんがほとんどのよう。女将さんは常連さんと世間話に興じたり、前を通りかかった幼児連れの親子に「☓☓ちゃーん!」と手を振ったり。都内の路麺店のなかでも、ローカル色の強い異色のお店。ホント路麺店って個性的なお店が多いですね。。ごちそうさまでした。

門屋

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:そば(蕎麦) | 多磨霊園駅競艇場前駅武蔵野台駅




ラベル:路麺 京王線 府中
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。