2014年09月01日

もも屋〔多磨〕


西武多摩川線多磨駅、駅前広場から表通りに出て左へすぐ左側「もも屋」天ぷらそば420円をずずずずっっっっ。
2001年、多摩墓地駅という駅名だったのが東京外語大学の移転や榊原記念病院の移転にともなって多磨駅に改称、駅前広場も整備され、すっかり雰囲気が変わってしまいました。こちらのお店もビルの1階に入っていますが、たしかずいぶん昔からこの場所で営業されていたように記憶してますが、果たしてどうだったか。。

平日朝訪問。広い通りの反対側にはトラックが止まっていたりして、おそらくこちらのお店の常連さんなんでしょうね。建物があたらしいから清潔感のあるお店の厨房は、おかみさんが一人で切り盛りされています。立食スペースはなくすべて着席式、雑誌などの用意もあります。おそらく食事ついでに一息ついていくお客さんが多いのでしょう。

かけそばは300円から、高いものは冷やしたぬき・冷やしきつねが600円、コロッケカレーライス600円、メンチカレーライス620円あたりまで。まずは定番の天ぷらそばをいただきましょう。オーダーは直接おかみさんへ。厨房はほぼ丸見え、よくある狭い路麺店とはちがって整理整頓が行き届いています。

麺を温め、揚げ置きの天ぷらを載せて2分ほどで丼完成。丼を受け取ると、意外にもかなり軽め、プラの器のようです。席についていただきます。麺はやや細めでしゃっきり系、つるつるとのどごしがいい。汁は醤油が強め、あわせて出汁もちゃんと感じられます。天ぷらは油が落ちてさっくりとした食感、これも悪くない(あくまで路麺基準ですが)。

窓がひろいからか、外の陽光もはいってきて、この手のお店にありがちな暗くてごちゃごちゃっぽい空気は全くありません。時間帯によってはかなり混むのでしょうけれど、訪れた時はなんとものんびりとした雰囲気が漂ってました。ごちそうさまでした。

もも屋

昼総合点★★★☆☆ 3.1



関連ランキング:そば(蕎麦) | 多磨駅




ラベル:路麺 多磨
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。